ノイズを加える」タグアーカイブ

【ロゴ】フォントでつくる!割れた鏡の文字「映り込みを屈折させる方法」【2023】

【ロゴ】フォントでつくる!割れた鏡の文字「映り込みを屈折させる方法」【2023】

【Photoshop講座】割れた鏡に映り込んだ風景が、それぞれに屈折している様子を再現します。水晶フィルターの効果から、ランダムなひび割れ模様を作成して、デンジャラスで退廃的なタイトルロゴに仕上げましょう。
続きを読む
おしゃれな写真に!色あせたビンテージ風の加工「Camera Raw と Lightroom」【2022】

おしゃれな写真に!色あせたビンテージ風の加工「Camera Raw と Lightroom」

【Photoshop講座】画像に青みを加えると、肌色の生命感がなくなります。明るい部分に黄みを加えると、それはどんどん濁っていきます。ビンテージ風の加工は、赤みの関わり方が難しいですね。Camera Raw を使用して、色あせた写真プリントのような効果を再現しましょう。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!鉛筆スケッチ風の文字「塗りつぶしレイヤーを活用したラスタライズ」【2022】

【ロゴ】フォントでつくる!鉛筆スケッチ風の文字「塗りつぶしレイヤーを活用したラスタライズ」

【Photoshop講座】手早く塗りつぶしたタッチや、ラフな下書き線があると、鉛筆スケッチ風のムードは高まります。技法は、いたってシンプルです。塗りつぶしレイヤーを利用した、テキストのラスタライズや、スマートオブジェクトにフィルター効果を適用して、自由に再編集できる方法をマスターしましょう。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字

【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字「パス上文字ツールとシェイプバースト」

【Photoshop講座】焼印とは、熱した金型を木や皮革などに押し付けて、それを何らかの印 (しるし) とするものです。Brand (ブランド) の語源とされているところが面白いですね。金型という特性があるので、ひとかたまりの文字にすると、それっぽく仕上がります。フォントや図形、イラストなど、あらゆるものに使える技法をご紹介しましょう。
続きを読む
【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方「レンズ補正でディープとダークを両立」

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により、画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせたレトロな効果があります。彩度を濃くする「ディープ」。明度を暗くする「ダーク」。2種類の調整を両立させて、自然なビネット効果を作成しましょう。
続きを読む