レンズ補正」タグアーカイブ

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により、画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせたレトロな効果があります。彩度を濃くする「ディープ」。明度を暗くする「ダーク」。2種類の調整を両立させて、自然なビネット効果を作成しましょう。
続きを読む
【レタッチ】広角撮影のゆがみをまっすぐに補正する【レンズ補正】

【レタッチ】広角撮影のゆがみをまっすぐに補正する方法【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】画像の歪みは、広角レンズで撮影した場合に多く現れます。水平と垂直が定まっていないこともあるので、傾きだけの補正で、トリミングすることは難しいです。[ レンズ補正 ] を使用すると、遠近の収束と歪みが同時に設定できます。一度の操作で、補正から切り抜きまでを実行しましょう。
続きを読む
【効果】フェード領域の調整で人物の周辺をぼかす方法【虹彩絞りぼかし】

【効果】フェード領域の調整で人物の周辺をぼかす方法【虹彩絞りぼかし】

【Photoshop基本操作】写真の一部に焦点を合わせた効果は、それ以外の領域が大きくぼけるので、主体が強調できます。しかし、被写界深度を浅く撮影するには、それなりの機材とテクニックが必要です。画面四隅が暗くなる「ビネット効果」も加え、レトロなカメラで撮影した写真のように加工しましょう。
続きを読む
切り抜きを極める!画像のトリミング方法10選

切り抜きを極める!画像のトリミング方法10選

【Photoshop基本操作】トリミングとは、画像の不要な部分を取り除く、または、必要な部分を切り抜いて、目的の形状内で構図を整えることを言います。Photoshop には、[ 切り抜きツール ] と [ 切り抜き ]、[ トリミング ] といったコマンドがあります。その他にも、画像のトリミングに関した操作が多くあります。その代表的なトリミング方法の概要をご紹介しましょう。
続きを読む
写真を加工する!インスタグラムX-PRO-II風

写真を加工する!インスタグラムX-PRO-II風

【Photoshop講座】おしゃれなヴィンテージ風写真に加工できるアプリ「 Instagram 」。その多彩なフィルターの中から、周辺を暗くコントラストを強くする「 X-PRO II 」を再現してみましょう。「 X-PRO II 」は、フィルム写真のような、ハイコントラスト、黄みがかった色調、ビネット効果が特徴です。
続きを読む