Photoshop講座」カテゴリーアーカイブ

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

【Photoshop講座】写真ではわかりにくい部分を精密に描き出す「テクニカル・イラストレーション」は、自動車や家電製品などの技術的な情報を、視覚的に伝達するための技法です。クルマ好きを唸らせるポイントは、シャープな陰影と克明なディテールです。写真の生っぽさを消し、エアブラシで描かれたような精悍なタッチで仕上げましょう。
続きを読む
写真をイラスト調に!コミック風のハーフトーン加工

写真をイラスト調に!コミック風のハーフトーン加工

【Photoshop講座】イラストや漫画などに用いられるハーフトーンを合成して、ビートルの写真をオシャレでポップなコミック風に加工しましょう。
続きを読む
写真を加工する!モノクロ画像のカラー化

写真を加工する!モノクロ画像のカラー化

【Photoshop講座】モノクロ画像を着色するのは面倒ですね。上塗りした違和感を消すのも一苦労です。機械学習テクノロジーを使用した [カラー化] を使用すれば、驚くほどカンタンに解決できます。
続きを読む
写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

【Photoshop講座】「テンペラ」とは、ルネッサンス期の壁画などに多く用いられた、 古典的な西洋絵画の技法です。 石膏を塗った板に、顔料と卵黄を混ぜ合わせて描くもので、 写実的で筆のタッチがあまり見られないのが特徴です。 テンペラ画の重厚な色調と、絵の具のひび割れ模様を演出してみましょう。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキの立体文字

【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキの立体文字

【Photoshop講座】乗用車などに取り付けられた「メッキのエンブレム」は、カタログやポスターでもグラフィック化され、製品のイメージを伝える重要な役割を果たしています。その材質や質感を損なうことなくアレンジするテクニックは、デザイナーならマスターしておきたいですね。リアルな金属メッキの光沢感を表現しましょう。
続きを読む
写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風

写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風

【Photoshop講座】風景や人物などを鮮やかな色彩で描く「印象派」。その光と影を巧みに表現する粗いタッチは、近代絵画の先駆けとなりました。モネやシスレーになった気分で、夕日の風景写真を、色鮮やかな印象派風に加工してみましょう。
続きを読む
写真を加工する!風景を水面に映すアクション

写真を加工する!風景を水面に映すアクション

【Photoshop講座】水面の反射効果は、元画像を垂直方向に反転することで行えますが、さざなみを表現するのが難しいですね。雄大な風景なら遠近感も必要です。そんなときは、Adobe Exchange を活用しましょう。アクションを再生するだけで、風景を水面に映す効果がカンタンにつくれます。
続きを読む
写真を絵画調に!大胆なタッチの油絵風

写真を絵画調に!大胆なタッチの油絵風

【Photoshop講座】まるでゴッホが描くような、大胆なタッチが作成できる [油彩] を活用して、どんな写真も油絵風に加工する方法をご紹介しましょう。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!リアルな長い影のコンクリート文字

【ロゴ】フォントでつくる!リアルな長い影のコンクリート文字

【Photoshop講座】長く伸びた影の作成は、拡散して薄れていく様子を描くのが難しいですね。ドロップシャドウでは、接地面から浮いたカンジにもなりがちです。そんなときは、Adobe Exchange を活用しましょう。数回クリックするだけの自動処理で、思い通りの影がスイスイつくれます。
続きを読む
写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

【Photoshop講座】印刷物などに用いられる「ハーフトーン (ドット)」を誇張した表現方法は、写真をイラスト調にする技法としてよく使われています。大小のドットだけで構成される色彩や陰影は大変面白いですね。このハーフトーンの効果にプラスして、これもまたポピュラーな「ポスタリゼーション」を加えると、簡略化したディテールや階調で、おしゃれ度がアップします。
続きを読む