写真をイラスト調に!エッジの効いたポスタリゼーション

写真をイラスト調に!エッジの効いたポスタリゼーション

【Photoshop講座】ポスタリゼーションとは、画像の階調数を減らす処理です。地形図の等高線のように、陰影や色の違いが段階的な層になるので、写真をイラスト調にする手法としてよく用いられます。このポスタリゼーションに輪郭線をプラスして、スッキリ&おしゃれな処理にバージョンアップしましょう。



油絵のタッチを利用する!

写真をイラスト調にする心構えは、生っぽさを消すことです。ポスタリゼーションの境界は、ぎこちない形状になりがちなので、階調の段差をぼかして滑らかにします。しかし、輪郭線にとってぼかしは天敵です。ヒゲの男性ではさらに厄介ですね。作例では、詳細な輪郭線を維持させる方法として [油彩] フィルターを利用します。

ポスタリゼーション風イラストに加工

これから行う操作は、人物写真をポスタリゼーション風イラストに加工する方法です。ポピュラーな手法ですが、詳細なエッジを効かすことで、スッキリと洗練された印象にしましょう。
元画像 → ポスタリゼーション風イラストに加工

人物を切り抜く

このレッスンは、写真をイラスト調にすることがテーマなので、人物の切り抜きについては省略しています。詳しくは以下のページを参照してください。
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 1920 pixel]、 [解像度 : 300 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by theharpreetbatish
[選択範囲] メニューから、[被写体を選択] を選択して適用します。
[クイック選択ツール] で選択範囲を修正します。
人物の選択範囲を作成
人物の選択範囲を作成
[選択範囲] メニューから、[選択とマスク] を選択します。[境界線調整ブラシツール] で境界線を調整します。
[選択とマスク] で境界線を調整
[選択とマスク] で境界線を調整
[選択とマスク] セクションの [出力先] に [新規ドキュメント (レイヤーマスクあり)] を選択して、[OK] をクリックします。
[新規ドキュメント (レイヤーマスクあり)] を選択
[新規ドキュメント (レイヤーマスクあり)] を選択
出力された新規ドキュメント (レイヤーマスクあり) を確認します。
出力された新規ドキュメントを確認
出力された新規ドキュメントを確認

切り抜かなくても OK !

作例では、背景から人物を切り抜いていますが、そのままイラスト調にすることも可能です。被写体との境界が同系色であったり、不鮮明な場合を除けば、スッキリ&おしゃれなポスタリゼーション風イラストに加工できます。
元画像 → 背景を含めた適用例
photo by Free-Photos

基本がわかる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

背景色を設定する

[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから [べた塗り] を選択して、[べた塗り 1] を作成します。
[べた塗り 1] を作成
[べた塗り 1] を作成
[カラーピッカー] ダイアログで、新しい色に [H : 40°/ S : 100% / B : 80%] を設定して、[OK] をクリックします。
[カラーピッカー] ダイアログを設定
[カラーピッカー] ダイアログを設定
[レイヤー] パネルで、[べた塗り 1] をドラッグ、または [command (Ctrl)] + [[] キーを押して、[べた塗り 1] を背面へ移動します。
[べた塗り 1] を背面へ移動
[べた塗り 1] を背面へ移動
人物の切り抜きの背景色が設定できました。
背景色を設定
背景色を設定

被写体との対比を考える!

背景色は自由に設定できますが、被写体との組み合わせにより、後に適用する輪郭線の効果が出にくい色があります。輪郭の検出は、色の違いと明るさの違いから行われます。たとえば、白い服と白い背景では、輪郭線の効果が出にくくなります。同系色と組み合わせる場合は、被写体を明るく、背景を暗くして対比させましょう。

基本がわかる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

輪郭を残して表面をぼかす

[レイヤー] パネルで、[レイヤー 1] を選択します。
[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
[スマートオブジェクトに変換] を適用
[スマートオブジェクトに変換] を適用

スマートオブジェクトとは?

[スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。レイヤーマスクを含むスマートオブジェクトは、リンクされたマスク領域が保持され、ドキュメントを開くことで、レイヤーマスクを編集することができます。
[フィルター] メニューから、[ぼかし] → [ぼかし (表面)] を選択します。[ぼかし (表面)] ダイアログで、[半径] に「5」pixel、[しきい値] に「10」pixel を入力し、[OK] をクリックします。
[ぼかし (表面)] ダイアログを設定
[ぼかし (表面)] ダイアログを設定

輪郭を残して表面をぼかすことができました。

STEP 2 (部分) → 輪郭を残して表面をぼかす (部分)

階調の境界を滑らかにする!

[ぼかし (表面)] の適用は、後に適用する [エッジのポスタリゼーション] の下準備です。ポスタリゼーションの効果は、色の違いや陰影を段階的な層にします。段階的な層は、階調を極端に減らすことで現れるので、ノイズを含む一般的な画像の境界は、ぎこちない形状になりがちです。あらかじめ、それらのピクセルをぼかしておくと、ノイズがブレンドされて曖昧になるので、階調の境界を滑らかにすることができます。

影を起こして明るくする

[イメージ] メニューから、[色調補正] → [シャドウ・ハイライト] を選択します。[シャドウ・ハイライト] ダイアログで、[シャドウ] セクションの [量] に「50」%、[階調] に「60」% を入力し、[OK] をクリックします。
[シャドウ・ハイライト] ダイアログを設定
[シャドウ・ハイライト] ダイアログを設定
逆光で暗かった人物の影を明るくすることができました。
STEP 3 (部分) → 影を起こして明るくする (部分)

素材により適正値は違う!

作例では、逆光の人物を使用していますが、[シャドウ・ハイライト] の適正値は、対象の素材により異なります。影を起こして明るくする設定は共通しているので、素材が明るい場合には、[量] に「10」%、[階調] に「50」%、一般的には、[量] に「35」%、[階調] に「50」% を設定してください。再編集はいつでも行えます。

カラールックアップを適用する

[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから [カラールックアップ] を選択して、[カラールックアップ 1] を作成します。
[カラールックアップ 1] を作成
[カラールックアップ 1] を作成
[属性] パネルで、[レイヤーにクリップ] をクリックします。
[3D LTU ファイル] のメニューから、[filmstock_50.3dl] を選択します。
[filmstock_50.3dl] を選択
[filmstock_50.3dl] を選択
カラールックアップの [filmstock_50.3dl] が適用されました。
カラールックアップを適用する
カラールックアップを適用する

カラールックアップとは?

計算処理に基づいた色の配列 (ルックアップテーブル) を適用して、統一したカラー調整を行うものです。作例で適用した [filmstock_50.3dl] は、黄みがかった色調と強めのコントラストが特徴で、大きな変化が欲しいイラスト調にはぴったりのカラールックアップです。
[レイヤー] パネルで、[shift] キーを押しながら、[べた塗り 1] をクリックして、[カラールックアップ 1]、[レイヤー 1] と3枚同時に選択します。
レイヤーを3枚同時に選択する
レイヤーを3枚同時に選択する
[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
[スマートオブジェクトに変換] を適用
[スマートオブジェクトに変換] を適用

背景色を含むレイヤーを作成!

スマートオブジェクトの中にスマートオブジェクトを含む「入れ子構造」も可能です。いつでも非破壊編集が行えるので、できるものは何でもかんでも、スマートオブジェクトに変換しておきたいですね。後に適用する [エッジのポスタリゼーション] で、オブジェクトの輪郭を検出するには、対比した背景色を含むピクセルが必要です。そのため、切り抜いた人物と背景を一枚のレイヤー (スマートオブジェクト) に変換しました。
レイヤー名をダブルクリック → レイヤー名を変更
複数のレイヤーをスマートオブジェクトに変換すると、前面のレイヤー名が反映されます。操作には影響ないですが、作例のような [カラールックアップ 1] では、ちょっとヘンですよね (笑)。レイヤー名をダブルクリックして、任意の名称に変更することができます。

エッジのポスタリゼーションを適用する

[フィルター] メニューから、[フィルターギャラリー] を選択します。[フィルターギャラリー] 操作パネルで、[アーティスティック] → [エッジのポスタリゼーション] を選択します。
[エッジのポスタリゼーション] を選択
[エッジのポスタリゼーション] を選択
[エッジのポスタリゼーション] ダイアログで、[エッジの太さ] に「8」、[エッジの強さ] に「5」、[ポスタリゼーション] に「2」を入力して、[OK] をクリックします。
[エッジのポスタリゼーション] ダイアログを設定
[エッジのポスタリゼーション] ダイアログを設定
[エッジのポスタリゼーション] が適用されました。
STEP 5 → [エッジのポスタリゼーション] を適用

フィルター特性に合わせる?

[エッジのポスタリゼーション] の [エッジの太さ] は、対象画像の輪郭を検出して、境界線の効果をつくり出します。なので、色や大きさ、形状に影響されます。たとえば、MAX 値を設定しても、境界線の効果がまったく出ない場合もあります。これでは使いにくいですね。
中間値を暫定値とする → 他の効果で完成に近づける
解決策として、フィルター特性に合わせたつくり方を用います。まず、対象画像のスマートオブジェクトに [エッジのポスタリゼーション] を中間値で適用します。中間値は、[エッジの太さ : 5]、[エッジの強さ : 5]、[ポスタリゼーション : 3] です。これを暫定値として、他の効果や色調補正を適用して、完成イメージに近づけます。最後に微調整で中間値を増減させます。

詳細をストロークでぼかす

[フィルター] メニューから、[表現手法] → [油彩] を選択します。[油彩] ダイアログで、[ブラシ] セクションの [形態] に「2.1」、[クリーン度] に「9.5」、[拡大・縮小] に「1.0」、[密度の詳細] に「1.8」を入力します (初期設定)。
[油彩] ダイアログを設定 (初期設定)
[油彩] ダイアログを設定 (初期設定)
[光源] セクションのチェックマークを外して、[OK] をクリックします。
[光源] を無効にして [OK] をクリック
[光源] を無効にして [OK] をクリック
[油彩] フィルターを利用して、髪の毛や髭の詳細部分をブラシストロークでぼかすことができました。
STEP 6 → [油彩] を適用
STEP 6 (部分) → 詳細をストロークでぼかす (部分)

[油彩] とは?

[油彩] は、絵の具が盛り上がったようなタッチをつくり出すフィルターです。作例では、立体的な効果を付ける [光源] を無効にして、フラットなブラシストロークのみを設定しています。[クリーン度] は、タッチの滑らかさ、[密度の詳細] は、タッチのぼかし度です。この2つの項目を調整するだけで、面白い効果が現れます。

全体をシャープにする

[フィルター] メニューから、[シャープ] → [アンシャープマスク] を選択します。[アンシャープマスク] ダイアログで、[量] に「120」%、[半径] に「3.0」pixel、[しきい値] に「10」レベルを入力して、[OK] をクリックします。
[アンシャープマスク] ダイアログを設定
[アンシャープマスク] ダイアログを設定
全体をシャープにすることができました。
STEP 7 (部分) → 全体をシャープにする (部分)
ポスタリゼーション風イラストに加工する操作が完了しました。
ポスタリゼーション風イラストに加工
ポスタリゼーション風イラストに加工

[アンシャープマスク] とは?

階調の差を強調することで、鮮明さを補正する機能です。[量] は、コントラストを強める量を調整します。一般的には、この [量] の調整だけで画像をシャープにできます。難しいのは [半径] と [しきい値] でしょう。
[半径] は、階調の差で表現される輪郭の幅を設定するものです。たとえば、初期設定の「1.0」pixel は、隣接する2つのピクセルでコントラストを強調します。[しきい値] は、対象となる階調の差を階調レベルで指定するものです。たとえば、初期設定の「0」レベルは、すべての階調範囲が対象となり、MAX 値の「255」レベルは、ハイライト点だけが対象となります。

スポンサード リンク