【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

ノイズを加えて緩和する

[ レンズ補正 ] で作成したビネット効果は、グラデーションの階調が緩やかなため、段階的な縞状になりやすいです。この、バンディングを防ぐには、グラデーションにノイズを加えます。
ノイズを加えて緩和する
[ フィルター ] メニューから、[ フィルターギャラリー ] を選択します。[ フィルターギャラリー ] 操作パネルで、[ テクスチャ ] – [ 粒状 ] を選択します。
[粒状]を選択
[ 粒状 ] を選択
[ 粒状 ] ダイアログで、[ 粒子の種類 ] に [ 標準 ] を選択します。
[ 密度 ] に [ 5 ]、[ コントラスト ] に [ 50 ] を入力します。
プレビューで、バンディングが除去できたことを確認してください。[ OK ] をクリックします。
[粒状]を設定
[ 粒状 ] を設定
グラデーションのバンディングによる、影響がないことを確認してください。
バンディングの影響を確認
バンディングの影響を確認
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【2022】
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク