【ロゴ】フォントでつくる!鉛筆スケッチ風の文字「塗りつぶしレイヤーを活用したラスタライズ」【2022】

【ロゴ】フォントでつくる!鉛筆スケッチ風の文字「塗りつぶしレイヤーを活用したラスタライズ」【2022】

下書き線を作成する

テキストレイヤーから、塗りつぶしレイヤーによってラスタライズした文字列は、フィルターなどの効果が適用できるようになります。レイヤーマスク上で、鉛筆で描いたようなラフな下書き線を作成しましょう。
ラスタライズした文字列 → 鉛筆で描いたような下書き線を作成

ぶれの輪郭線を検出

[ レイヤー ] パネルで、描画モードに [ 乗算 ] を選択します。
[ べた塗り 1 ] のレイヤーマスクを選択します。
レイヤーマスクを選択
レイヤーマスクを選択
[ フィルター ] メニューから、[ ピクセレート ] – [ ぶれ ] を選択して適用します。
[ぶれ]を適用
[ フィルター ] メニューから、[ 表現手法 ] – [ 輪郭検出 ] を選択して適用します。
[ command ( Ctrl ) ] + [ I ] キーを押して、階調を反転します。
[輪郭検出]を適用
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

不要な下書き線を削除

[ 輪郭検出 ] によって作成した「下書き線」は、文字列のアウトラインから検出した均等なものです。[ ぶれ ] によって複数の線が重なっているので、いちばん外側の線を削除するだけで、それっぽく見せることができます。
[ レイヤー ] パネルで、テキストレイヤーを [ command ( Ctrl ) ] キーを押しながらクリックして、文字の選択範囲を作成します。
[ command ( Ctrl ) ] + クリック
[ command ( Ctrl ) ] + クリック
[ 選択範囲 ] メニューから、[ 選択範囲を変更 ] – [ 拡張 ] を選択します。[ 選択範囲を拡張 ] ダイアログで、[ 拡張量 ] に [ 2 ] pixle を入力します。
[ OK ] をクリックします。
[拡張量]に[2]pixleを入力
[ 拡張量 ] に [ 2 ] pixle を入力
選択範囲を2pixle外側に拡張
[ shift ] + [ command ( Ctrl ) ] + [ I ] キーを押して、選択範囲を反転します。文字列の外側の領域が選択されていることを確認してください。
[ 編集 ] メニューから、[ 塗りつぶし ] を選択し、[ 内容 ] に [ ブラック ] を選択します。
[ OK ] をクリックします。
[内容]に[ブラック]を選択
[ 内容 ] に [ ブラック ] を選択
[ command ( Ctrl ) ] + [ D ] キーを押して、選択を解除します。
文字の外側をブラックで塗りつぶす
不要な下書き線を削除することができました。
不要な下書き線を削除
不要な下書き線を削除
白と黒が逆?
[ 輪郭検出 ] を適用後に [階調の反転] を適用するのは、[ 輪郭検出 ] が白地に黒線で適用される機能だからです。しかし、これらは、レイヤーマスク上で適用されるものです。したがって、ドキュメントには白と黒が逆さまになって反映されます。
レイヤーマスクでは黒地に白線
レイヤーマスクでは、黒い領域を隠し、白い領域を表示します。ということは、下書き線を塗りつぶしカラーで表示したいので、レイヤーマスクでは黒地に白線を目指して操作を組み立てます。

スマートオブジェクトを作成

鉛筆書きのようなカスレは、実線にノイズを加えることで表現できます。ここでは、カスレの効果が再編集できる「スマートオブジェクト」を使用します。
[ レイヤー ] パネルで、[ 新規レイヤーを作成 ] を [ option ( Alt ) ] キーを押しながらクリックし、[ 新規レイヤー ] ダイアログを表示します。
[option(Alt)]+クリック
[ option ( Alt ) ] + クリック
[ 新規レイヤー ] ダイアログで、[ クリッピングマスクを作成 ] を有効にします。
[ 描画モード ] に [ スクリーン ] を選択します。
[ スクリーンの中性色で塗りつぶす (黒) ] を有効にします。
[ OK ] をクリックします。
[新規レイヤー]を設定
[ 新規レイヤー ] を設定
[ レイヤー 1 ] を右クリックします。
コンテキストメニューから、[ スマートオブジェクトに変換 ] を選択します。
[スマートオブジェクトに変換]を選択
[ スマートオブジェクトに変換 ] を選択
[ レイヤー 1 ] が、スマートオブジェクトに変換されたことを確認してください。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトを確認

カスレを加える

[ フィルター ] メニューから、[ ノイズ ] – [ ノイズを加える ] を選択します。[ ノイズを加える ] ダイアログで、[ 分布方法 ] に [ ガウス分布 ] を選択、[ グレースケールノイズ ] を有効、[ 量 ] に [ 100 ] % を入力します。
[ OK ] をクリックします。
[量]に[100]%を入力
[ 量 ] に [ 100 ] % を入力
[ ノイズを加える ] を適用
効果を自由に変えるためのレイヤー!
[ 新規レイヤー ] ダイアログで、[ スクリーンの中性色で塗りつぶす (黒) ] にチェックマークを入れると、黒く塗りつぶされたレイヤーが作成されます。黒は、描画モード [ スクリーン ] の中性色です。したがって、レイヤー作成時は下のレイヤーに影響しません。
[ クリッピングマスクを作成 ] にチェックマークを入れると、背面以外のレイヤーに影響を及ぼさないレイヤー ( 塗りつぶしまたは調整レイヤーを含む ) を作成することができます。スマートオブジェクトにすることで、適用後のフィルターが再編集できます。
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク