色調補正」タグアーカイブ

基本がわかる!トーンカーブの使い方【2022】

基本がわかる!トーンカーブの使い方「暗い画像を明るくするコツと色かぶり補正」【2022】

【Photoshop基本操作】トーンカーブは、画像補正の最強ツールです。自由な形に変化するカーブで、感覚的な操作が行えます。しかし、使い方は少々難しいです。その原因は、最大 16 箇所もある調整ポイントの多さです。まず、カーブの変化がどのような結果をもたらすのか? それを知ることから始めましょう。
続きを読む
【効果】ぼかし具合を変えて料理を引き立てる方法【虹彩絞りぼかし】

【効果】ぼかし具合を変えて料理を引き立てる方法【虹彩絞りぼかし】

【Photoshop基本操作】被写体にピントが合った効果は、周辺をぼかすことで行います。しかし、テーブルに置かれたコップや調味料入れなどが、同じようにボケてしまっては不自然ですね。部分的に、ぼかし具合が調整できる [ 虹彩絞りぼかし ] を使用すれば、まるで、高性能カメラで撮影したような、イメージにすることができます。
続きを読む
【選択範囲】スムーズな階調で特定色を選択する方法【色域指定・カラークラスタ指定】

【選択範囲】スムーズな階調で特定色を選択する方法【色域指定・カラークラスタ指定】

【Photoshop基本操作】特定色を選択したい場合、[自動選択ツール] を使用すると、選択されるピクセルが、はっきり分かれてしまう傾向があります。スムーズな階調で、特定色を選択したい場合は、系統別で選択できる [ 色域指定 ] が便利です。指定色域から明度の違いをプラスして、詳細な選択範囲が作成できます。
続きを読む
【色の校正】CMYK変換で再現できない色を確認する方法【色域外警告】

【色の校正】CMYK変換で再現できない色を確認する方法【色域外警告】

【Photoshop基本操作】商業印刷の場合、RGB カラーの画像は、CMYK カラーへモード変換する必要があります。しかし、CMYK では、色の表現方法が異なり、RGB の色をすべて、再現できるわけではありません。色校正で大幅な修正をしなくて済むように、あらかじめ、[色域外警告] で確認しておきましょう。
続きを読む
【効果】曇り空を夕焼けに!サンプル画像の色調に合わせる方法【カラーの適用】

【効果】曇り空を夕焼けに!サンプル画像の色調に合わせる方法【カラーの適用】

【Photoshop基本操作】一般的な色調補正は、元画像のカラー情報を増減させて行います。しかし、[ カラーの適用 ] では、別画像のカラー情報に置き換えて、全体の色調をまるごと変換します。たとえば、静寂な青い海を、エネルギッシュな夕景に変えることだって可能です。サンプル画像の色調に合わせましょう。
続きを読む