【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

レトロな色調にする

ビネット効果にマッチする、レトロ調に調整しましょう。
レトロな色調にする
[ レイヤー ] パネルで、[ 背景 ] を選択します。[ 塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成 ] をクリックして、メニューから、[ カラールックアップ ] を選択します。
[カラールックアップ1]を作成
[ カラールックアップ 1 ] を作成
[ プロパティ ] パネルで、[ 3D LUT ファイル ] に、[ filmstock_50.3dl ] を選択します。
[filmstock_50.3dl]を選択
[ filmstock_50.3dl ] を選択
[ カラールックアップ ] によって、色調が変更されたことを確認してください。
色調の変更を確認
色調の変更を確認
[ カラールックアップ ] の適用度は、[ 不透明度 ] で行います。[ レイヤー ] パネルで、[ 不透明度 ] に [ 50% ] を入力します。
[50%]を入力
[ 50% ] を入力
画像の周辺を暗くする、ビネット効果が作成できました。
ビネット効果が作成できた
ビネット効果が作成できた
カラールックアップとは?
[ カラールックアップ ] とは、画像の階調を補正するために用いられる「 LUT ( Look Up Table ) 」という、入出力の対照データを使って、現在の階調を変換する機能です。コントラストの強弱やアーティステックな表現まで、用途に応じた LUT を選択するだけで簡単に適用できます。
ワンクリックでヴィンテージ風写真に変える
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【2022】
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

スポンサード リンク