【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字

【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字

【Photoshop講座】焼印とは、熱した金型を木や皮革などに押し付けて、それを何らかの印 (しるし) とするものです。Brand (ブランド) の語源とされているところが面白いですね。金型という特性があるので、ひとかたまりの文字にするとそれっぽく仕上がります。フォントや図形、イラストなど、あらゆるものに使える技法をご紹介しましょう。


シェイプバーストを効果的に使おう!
[シェイプバースト] とは、放射状のグラデーションを適用できる機能です。焼印には高温の熱を感じさせるような「焼け焦げ」の演出が欠かせません。透明度の変化だけではなく、広がる色にも変化を付けたいので、ここはどうしても手を加えたいところです。

焦げた焼印の効果をつける

これから行う操作は、入力したテキストを焼印風に加工する方法です。作例では、大小の文字を組んだシェイプをベースとし、他のオブジェクトにも適用できるレイヤースタイルで、焦げた焼印の効果をつけます。使用するフォントは任意で設定しますが、目詰まりしにくいサンセリフ系の細い書体が最適です。
画像にシェイプを配置→焦げた焼印の効果をつける

文字のベースを作成する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 720 pixel] 、[解像度 : 300 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
[レイヤー] パネルで、[新規レイヤーを作成] をクリックして、[レイヤー 1] を作成します。
[ツール] パネルで、[横書き文字ツール] を選択します。
[横書き文字ツール] を選択

[横書き文字ツール] を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定] に「36 pt」を入力します。
[アンチエイリアスを設定] に [滑らかに] を選択します。
[アンチエイリアスを設定] に [滑らかに] を選択

[アンチエイリアスを設定] に [滑らかに] を選択
任意のフォントを設定!
作例では、「Square 721 Extend Roman」を設定していますが、フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。[整列オプション] 、[テキストカラーを設定] は、直接的な影響がないため、任意で行なってください。
[アンチエイリアスを設定] に [滑らかに] を選択

整列とカラーは任意に設定
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

文字の入力とシェイプに変換

ドキュメント内をクリックして、ポイントテキストで文字を入力します。
作例では、「BRAND」を入力しました。文字が入力できたら、[enter] キーを押して、文字の入力を確定します。
クリックして文字を入力

クリックして文字を入力
入力した「BRAND」に編集を加えるため、[書式] メニューから、[シェイプに変換] を選択して、[BRAND] をシェイプレイヤーに変換します。
シェイプレイヤーに変換する

シェイプレイヤーに変換する
シェイプに変換?
テキストレイヤーをシェイプに変換すると、入力した文字のアウトラインからパスが作成され、パス領域を塗りつぶしたシェイプになります。シェイプは文字をオブジェクト化したものなので、別の文字に変えるような編集はできなくなりますが、オブジェクトとしての変形や追加の自由度が向上します。
他のシェイプレイヤーからコピー&ペーストして要素を加え、焼印の金型になる図案を完成させます。
焼印の金型になる図案を完成させる

焼印の金型になる図案を完成させる
さまざまなオブジェクトに対応!
このレッスンは、すべての効果をレイヤースタイルだけで作成します。たとえば、Illustrator で作成したアートワークでも、同じ効果を得ることが可能です。
Illustrator から Photoshop にペースト

Illustrator から Photoshop にペースト
[ファイル] メニューから、[配置] を選択して、Illustrator 形式のドキュメントを選択、またはアートワークをコピー&ペーストで、[スマートオブジェクト] や [シェイプ] に変換して配置することもできます。
Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク