オーバーレイ (描画モード)」タグアーカイブ

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により、画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせたレトロな効果があります。彩度を濃くする「ディープ」。明度を暗くする「ダーク」。2種類の調整を両立させて、自然なビネット効果を作成しましょう。
続きを読む
写真をイラスト調に!コミック風のハーフトーン加工

写真をイラスト調に!コミック風のハーフトーン加工

【Photoshop講座】イラストや漫画などに用いられるハーフトーンを合成して、ビートルの写真を、オシャレでポップなコミック風に加工しましょう。イラスト調の極意は、写真の生っぽさを消すことです。それは、複雑なピクセル情報を持つ画像から、形状や色数を、単純化していく技であると言えます。輪郭から抽出した線画も加えましょう。
続きを読む
基本がわかる!描画モードの種類と特性

基本がわかる!描画モードの種類と特性

【Photoshop基本操作】レイヤーの重なり条件を選択できる高度な機能で、画像合成のさまざまな表現が設定できます。描画モードを設定できる画像は、Photoshop で現在作業中のレイヤーを含む画像、または、Photoshop 形式 ( .psd )で保存されたレイヤーを含む画像に限られます。
続きを読む
【効果】ピントを変える!擬似的な被写界深度をつくる方法【ハイパス】

【効果】ピントを変える!擬似的な被写界深度をつくる方法【ハイパス】

【Photoshop基本操作】近くのものをハッキリと、遠くのものをボンヤリと見せたい場合、それぞれの領域で、シャープとブラーを、個別に適用することが考えられます。しかし、その境界線が不自然になったり、マスクで抽出したり、何かと操作が面倒そうですね。もっと簡単な方法があります。擬似的な被写界深度を調整しましょう。
続きを読む
【選択範囲】明るさの違いで選択範囲を自動作成する方法【演算】

【選択範囲】明るさの違いで選択範囲を自動作成する方法【演算】

【Photoshop基本操作】自動的な選択範囲の作成を大まかに分類すると、色域 ( 色の違い ) で選択する方法と、明度 ( 明るさの違い ) で選択する方法があります。[自動選択ツール] などは、互いの要素から定式化した数値を持ち寄った、中間的なものに属しますが、基本的には、色に大きく影響する調整が用いられます。
続きを読む