ベクトル画像」タグアーカイブ

基本がわかる!PDFファイルの開き方

基本がわかる!PDFファイルの開き方

【Photoshop基本操作】PDF ファイルとは、電子文書のためのフォーマット ( ファイル形式 ) で作成されたファイルです。Photoshop で PDF ファイルを開くと、文字や画像を含んだページ ( レイアウト紙面 ) が、ひとつのビットマップ画像として読み込まれます。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!キラキラ輝く金属文字

【ロゴ】フォントでつくる!キラキラ輝く金属文字

【Photoshop講座】キラキラ輝く演出には、光源から放たれる線 ( 光条 ) を交差させる「クロス」がポピュラーです。6本の光条がある「スノークロス」を疑似的に作成して、金属の立体文字に配置しましょう。
続きを読む
写真をイラスト調に!パスで作成する2階調化

写真をイラスト調に!パスで作成する2階調化

【Photoshop講座】パスやシェイプで作成したベクトル画像は、ファイル容量を軽くできます。また、ドキュメントサイズを変更しても、画質が劣化しないというメリットもあります。しかし、パスやシェイプで、複雑なアートワークを作成するのは大変です。2階調化と同じような処理なら、選択範囲から簡単にパスやシェイプが作成できます。
続きを読む
基本がわかる!スマートオブジェクトとして開く

基本がわかる!スマートオブジェクトとして開く

【Photoshop基本操作】スマートオブジェクトとは、Photoshop や Illustrator のファイルなどから、ビットマップ画像やベクトル画像のデータを、ドキュメントに埋め込むことができる機能です。[ スマートオブジェクトとして開く ] は、新規画像をスマートオブジェクトで作成する場合に用います。
続きを読む
基本がわかる!Photoshopの使い方

基本がわかる!Photoshopの使い方

【Photoshop基本操作】Adobe Photoshop ( アドビ フォトショップ ) は、写真やイラスト、Web 制作など、さまざまな分野で使われています。Photoshop では、どんなことができるのか? まず、最初に知っておきたいことをご紹介しましょう。
続きを読む