【ロゴ】フォントでつくる!鉛筆スケッチ風の文字「塗りつぶしレイヤーを活用したラスタライズ」【2022】

【ロゴ】フォントでつくる!鉛筆スケッチ風の文字「塗りつぶしレイヤーを活用したラスタライズ」【2022】

テキストをラスタライズする

テキストレイヤーには、フィルターなどの効果を直接適用することができません。したがって、文字からピクセルに変換する「ラスタライズ」を行う必要があります。
テキストをラスタライズ

文字の選択範囲を作成

[ レイヤー ] パネルで、[ design ] テキストレイヤーの [ レイヤーの表示/非表示 ] をクリックして、レイヤーを非表示にします。
[レイヤーの表示/非表示]をクリック
[ レイヤーの表示/非表示 ] をクリック
非表示にした [ design ] テキストレイヤーサムネールを [ command ( Ctrl ) ] キーを押しながらクリックします。
[ command ( Ctrl ) ] + クリック
[ command ( Ctrl ) ] + クリック
すると、非表示にしたテキストレイヤーの選択範囲が作成されます。
テキストレイヤーを非表示 → 文字の選択範囲を作成

塗りつぶしによるラスタライズ

ここでは、ラスタライズ方法に「塗りつぶしレイヤー」を使用します。塗りつぶしレイヤーは、自由にカラーを編集できるメリットがあります。
[ レイヤー ] パネルで、[ 塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成 ] をクリックして、メニューから [ べた塗り ] を選択し、[ べた塗り 1 ] を作成します。
[ べた塗り 1 ] を作成
[ べた塗り 1 ] を作成
[ カラーピッカー ] ダイアログで、任意の鉛筆の色を設定します。作例では [ H : 0°/ S : 0 % / B : 25 % ] を設定しています。
[ OK ] をクリックします。
[カラーピッカー]を設定
[ カラーピッカー ] を設定
テキストを塗りつぶしレイヤーでラスタライズできました。
テキストをラスタライズできた
テキストをラスタライズできた
ラスタライズとは?
ベクトル画像からビットマップ画像に変換することを「ラスタライズ」といいます。「ビットマップ化」の方がわかりやすいかも? 文字ツールで作成したテキストレイヤーは、フォント情報を持つ特別なレイヤーです。テキストレイヤーに直接、フィルター効果が適用できないのはこのためです。
ラスタライズのいちばんシンプルな方法は、[ レイヤー ] メニューから、[ ラスタライズ ] → [ ( ベクトル画像の種類 ) ] を選択することですが、ピクセルの塗り分け領域が必要な場合は、レイヤーマスクを利用するのもひとつの方法です。フィルター効果の適用だけに絞れば、オブジェクトの再編集ができるスマートオブジェクトの活用も有効な方法です。
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク