特殊効果」タグアーカイブ

冴えない写真から玉ボケをつくる方法「ぼかしギャラリーの効果」

冴えない写真から玉ボケをつくる方法「ぼかしギャラリーの効果・抽象イメージ」

【Photoshop講座】玉ボケとは、ピントがあっていない、夜景写真などで見られる、ふわふわした丸い光の玉です。これをファンタジックな効果として使うと、面白い作品ができそうですね。冴えない写真から玉ボケを発生させて、抽象的なイメージを作成しましょう。
続きを読む
冴えない写真に霧を発生させる方法「レベル補正による階調の操作」

冴えない写真に霧を発生させる方法「レベル補正による階調の操作」【2022】

【Photoshop講座】冴えない風景写真に、幻想的な霧を発生させて、空気感や遠近感などにこだわった、旅情あふれる演出を施してみましょう。レベル補正には、シャドウ、ハイライトを、任意の階調レベルで出力する機能があります。霧から浮かび上がった、シルエットのような効果が作成できます。
続きを読む
風景写真をミニチュア化する方法「被写界深度を擬似的にコントロール」

風景写真をミニチュア化する方法「被写界深度を擬似的にコントロール」

【Photoshop講座】風景写真をミニチュア化するポイントは、すっきりした明瞭な印象と、被写界深度の浅さです。被写界深度の浅さは、画像の周辺をぼかすことで表します。「虹彩絞りぼかし」と「チルトシフト」を同時に適用して、擬似的な遠近感を調整しましょう。パラメータだけの操作でカンタン!
続きを読む
RGBをずらす!アナグリフ3D風の効果「立体写真の技法・モノクロ編」【2022】

RGBをずらす!アナグリフ3D風の効果「立体写真の技法・モノクロ編」

【Photoshop講座】アナグリフとは、特殊なメガネを通して、立体的に見える写真や映像の技法です。赤と青のフィルターによって、両眼の視差を応用するため、左右に色ズレを起こしているのが特徴です。RGBカラーモードのチャンネルを操作して、カラー写真をモノクロの、アナグリフ3D風に加工しましょう。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字

【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字「パス上文字ツールとシェイプバースト」

【Photoshop講座】焼印とは、熱した金型を木や皮革などに押し付けて、それを何らかの印 ( しるし ) とするものです。Brand ( ブランド ) の語源とされているところが面白いですね。金型という特性があるので、ひとかたまりの文字にすると、それっぽく仕上がります。フォントや図形、イラストなど、あらゆるものに使える技法をご紹介しましょう。
続きを読む