特殊効果」タグアーカイブ

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により、画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせたレトロな効果があります。彩度を濃くする「ディープ」。明度を暗くする「ダーク」。2種類の調整を両立させて、自然なビネット効果を作成しましょう。
続きを読む
【テクスチャ】ゼロからつくる!涼しげな水の波紋

【テクスチャ】ゼロからつくる!涼しげな水の波紋

【Photoshop講座】水の波紋には、幾重にも広がる輪や規則正しいリズムがあります。その物静かな清涼感や環境イメージは、タイトルや商品などを意図的にアピールする手法とされています。
続きを読む
【テクスチャ】ゼロからつくる!ローソクの火

【テクスチャ】ゼロからつくる!ローソクの火

【Photoshop講座】何もないところから火を作って、消えたローソクの画像に合成します。作成した火は、拡大・縮小しても劣化しない非破壊編集に対応しているので、どんな画像にもドラッグ&ドロップで合成できます。素材に合わせた火のゆらぎや、微妙な色の調整も自由に行えます。
続きを読む
【テクスチャ】ゼロからつくる!放射状に広がる光

【テクスチャ】ゼロからつくる!放射状に広がる光

【Photoshop講座】放射状に広がる光は、登場感や疾走感などをアカデミックに表現できるので、情報、科学、環境、エネルギーといったテクノロジー分野で、会社案内、製品カタログなどのイメージとしてよく使われています。宇宙空間を高速で移動しているような、光の抽象的な背景アートを作成しましょう。
続きを読む
【テクスチャ】ゼロからつくる!大爆発の炎

【テクスチャ】ゼロからつくる!大爆発の炎

【Photoshop講座】何もないところから、大爆発の炎を作成します。爆発の形状は、ランダムに生成されるため、結果は、出たとこ勝負です。しかし、[ 雲模様 2 ] の適用回数により、変化する形状から簡単に選べるので、きっと、イメージに合った「大爆発の炎」が見つかることでしょう。大胆に、ボカン!と爆発させましょう。
続きを読む