パターン」タグアーカイブ

【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字

【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字「パス上文字ツールとシェイプバースト」

【Photoshop講座】焼印とは、熱した金型を木や皮革などに押し付けて、それを何らかの印 ( しるし ) とするものです。Brand ( ブランド ) の語源とされているところが面白いですね。金型という特性があるので、ひとかたまりの文字にすると、それっぽく仕上がります。フォントや図形、イラストなど、あらゆるものに使える技法をご紹介しましょう。
続きを読む
写真をイラスト調に!フェアリー風のステンシルアート

写真をイラスト調に!フェアリー風のステンシルアート「3色シルクスクリーンの技法」

【Photoshop講座】シェパード・フェアリーは、アメリカを代表する、ストリート・アーティストです。その独創的な配色や、抽象的に図案化された、肖像画のポスターなどが有名です。3色で刷られた、シルクスクリーンの技法を再現しましょう。
続きを読む
【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【Photoshop基本操作】スーパー解像度とは、ディテールの強化を機械学習して、縦横比2倍の大きさに自動変換します。しかし、Camera Raw に搭載されている機能なので、Photoshop で使えない、使い方がわからないなど、疑問だらけの機能でもあります。スーパー解像度を JPEG に適用して、その効果を検証してみましょう!
続きを読む
【レタッチ】金網をなかったように消す方法【コンじる】

【レタッチ】金網をなかったように消す方法【コンじる】

【Photoshop基本操作】細部の修正はもちろん、広範囲をごっそり穴埋めできる [ コンテンツに応じた塗りつぶし ] は、初期設定のままでも、驚くような結果が期待できます。「コンじる」で、金網をなかったように消しちゃいましょう! ブラシサイズを金網の太さに合わせれば、意外とカンタンにトレースできますよ?
続きを読む
写真をイラスト調に!紙幣のような肖像画

写真をイラスト調に!紙幣のような肖像画「4種類のハーフトーンを使ったエングレービング風」

【Photoshop講座】紙幣の肖像画は、精密な線を重ね合わせて描かれています。そのレトロでアンテークな趣のある技法は、銅版画に属する「凹版彫刻・エングレービング」と呼ばれいます。4種類のハーフトーンを使って、紙幣のような肖像画を作成しましょう。
続きを読む