【レタッチ】ジャギーを除去して滑らかにする方法【2階調化】

【レタッチ】ジャギーを除去して滑らかにする方法【2階調化】

【Photoshop基本操作】ビットマップ画像の特徴であるジャギー (ギザギザ線) は、曲線や斜線の輪郭に現れやすく、「2階調化」や「ポスタリゼーション」といった効果を加えると、さらにそれは際立って気になる存在となります。擬似的なアンチエイリアス処理でジャギーを除去して、輪郭を滑らかにする方法をご紹介しましょう。



ピクセル等倍で確認する!
デジタル画像にジャギーはつきもの。少しくらいギザギザしてたって、神経質になり過ぎる必要はありません。パソコン画面の高解像度化によって、ピクセルひとつ分の大きさは、ずいぶん小さくなってきています。画面表示をピクセル等倍 (100%) に設定して確認してみましょう。意外にジャギーは目立たないかも?

2階調化画像のジャギーを滑らかにする方法

これから行う操作は、[2階調化] を適用した解像度の低い素材画像を用いて、その輪郭に現れたジャギーを除去する方法です。[ぼかし (ガウス)] で、隣接するピクセルと干渉させ、コントラストを高めることで、滑らかな境界線に調整することができます。
[2階調化] を適用した元画像 (部分拡大) → ジャギーを滑らかにする (部分拡大)

ジャギーを確認する

素材画像をダウンロードして開きます。作例では、[幅 : 428 pixel] x [高さ : 240 pixel] の [RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
低解像度画像への対応策!
ジャギーを除去する操作は、主に低解像度画像への対応策として使用します。たとえば、Web 用に作成した GIF 形式の画像などは、色数に制限があるため階調が少なくジャギーが目立ちます。高解像度画像でも、等倍表示 (100%) でジャギーが目立つ素材に適応します。
[ツール] パネルで、[ズームツール] を選択します。
[ズームツール] を選択
[ズームツール] を選択
ドキュメントの拡大したい箇所をドラッグ、または数回クリックして、400% 以上の拡大率にします。
400% 以上の拡大率にする
400% 以上の拡大率にする
ピクセルグリッドで確認する!
ジャギーは細かいピクセル (画素) の集合体なので、ドキュメントの拡大表示は必須です。正確なピクセル単位でジャギーを確認したい場合は、501% 以上にズームして [ピクセルグリッド] を表示しましょう。[ピクセルグリッド] の非表示は、[表示] メニューから、[表示・非表示] → [ピクセルグリッド] を選択し、メニュー項目のチェックマークを外して無効にします。
501% 以上で表示される [ピクセルグリッド]
501% 以上で表示される [ピクセルグリッド]
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

ピクセルをブレンドする

[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を適用します。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。[背景] に適用すると、レイヤー名が [レイヤー 0] に変更され、[背景] では設定できなかった [描画モード] や [不透明度]、[位置をロック] などが有効になります。
[フィルター] メニューから、[ぼかし] → [ぼかし (ガウス)] を選択します。[ぼかし(ガウス)] ダイアログで、[半径] に「1.0」pixel を設定して、[OK] をクリックします。
[半径] に「1.0」pixel を設定
[半径] に「1.0」pixel を設定
[半径] に「1.0」pixel を設定することによって、隣接するピクセルを均等にブレンドできました。
STEP 1 (400% 表示) → 隣接するピクセルをブレンド (400% 表示)
隣接するピクセルを補間!
[楕円形選択ツール] で作成した直径 12 pixel の正円を塗りつぶすと、輪郭のピクセルは背景とブレンドされて、ジャギーが目立たない正円を描けます。同じ範囲に [アンチエイリアス] を無効にして描いてみると、正方形のピクセルだけで構成されたものになります。
[アンチエイリアス] を有効 (1600% 表示) → [アンチエイリアス] を無効 (1600% 表示)
言い換えれば、ピクセルに曖昧だからこそ、アンチエイリアスは滑らかな輪郭に見え、ピクセルに忠実だからこそ、ジャギーは発生するのです。ジャギーの除去は、隣接するピクセルをブレンドさせ、輪郭を曖昧にすることで行います。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

輪郭の階調を調整する

[イメージ] メニューから、[色調補正] → [レベル補正] を選択します。[レベル補正] ダイアログで、入力レベルに [78 / 1.00 / 178] を設定して、[OK] をクリックします。
入力レベルに[78 / 1.00 / 178]を設定
入力レベルに [78 / 1.00 / 178] を設定
コントラストを高めることで、滑らかでシャープな輪郭に調整することができます。
STEP 2 (400% 表示) → コントラストを高める (400% 表示)
[2階調化] を適用した画像の、ジャギーを除去することができました。
ジャギーを除去することができた (100% 表示)
ジャギーを除去することができた (100% 表示)
擬似的なアンチエイリアス処理!
アンチエイリアスのピクセルの補間は、画像をぼかす機能と同じようなものなので、[ぼかし (ガウス)] の設定値を「1.0 pixel」にすれば、隣接するピクセルは均等にブレンドできます。しかし、この適用領域は 256 階調中で行われるので、輪郭のピクセルが広範囲に拡がった印象があります。[レベル補正] の入力レベルの領域を狭めると、コントラストが高まり、輪郭が引き締まったシャープな印象にすることができます。
低解像度から高解像度に変換!
画像の解像度を上げる作業を「アップサンプリング」といいます。ここで使用する機能の [ディテールを保持 2.0] は、Photoshop CC 2018 から追加された、ピクセル情報の補間方法です。人工知能によるアルゴリズムで画質の劣化を抑え、ジャギーのない滑らかな輪郭が再現できます。
低解像度の元画像 → 1600% のアップサンプリングで高解像度化

スポンサード リンク