粒状による質感」タグアーカイブ

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により、画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせたレトロな効果があります。彩度を濃くする「ディープ」。明度を暗くする「ダーク」。2種類の調整を両立させて、自然なビネット効果を作成しましょう。
続きを読む
【テクスチャ】ゼロからつくる!黒いアスファルト

【テクスチャ】ゼロからつくる!黒いアスファルト

【Photoshop講座】アスファルトは、岩石や鉱物系でありながら、都会的でカッコいい印象がありますね。「黒いアスファルト」が目指すものは、敷き詰められたばかりのアスファルトです。黒いタールと小石が入り混じったゴツゴツした質感を誇張させて、ゼロからアスファルトのテクスチャを作成しましょう。
続きを読む
【画像合成】切り抜きの境界線をなじませる【フリンジ削除】

【画像合成】切り抜きの境界線をなじませる【フリンジ削除】

【Photoshop基本操作】画像を形に切り抜いて合成する場合、直面する問題があります。それは、境界線に不自然な「白フチ」や「黒フチ」が残ることです。このような現象が起こる原因は、形に切り抜きする前の周辺画像が影響しています。そして、合成テクニックのひとつである境界線の「ぼかし」が深く関係しています。それらを自然になじませる方法を学びましょう。
続きを読む