粒状による質感」タグアーカイブ

写真をイラスト調に!江戸時代の手摺木版画風「力強い輪郭線と色ムラを再現」【2023】

写真をイラスト調に!江戸時代の手摺木版画風「力強い輪郭線と色ムラを再現」【2023】

【Photoshop講座】木版画風のタッチは、輪郭から起こす、力強い黒い線で作成します。しかし、写真素材が逆光などで暗い場合は、色を付けたい部分まで黒くつぶされてしまいます。あらかじめ、影を明るく鮮やかにしておくと、検出できる輪郭線もシャープにできます。完成を予測して作業を組み立てましょう。
続きを読む
写真を絵画調に!油絵の肖像画「大胆なタッチと重厚な色彩」【2023】

写真を絵画調に!油絵の肖像画「大胆なタッチと重厚な色彩」【2023】

【Photoshop講座】まるで、ゴッホが描いたような、大胆なタッチが作成できる [ Oil Paint ] を活用して、写真の人物を、油絵の肖像画風に、加工する方法をご紹介しましょう。※旧フィルター名 [ 油彩 ]
続きを読む
写真をイラスト調に!鉛筆で描いたスケッチ風「線より面を捉えるデッサン」【2023】

写真をイラスト調に!鉛筆で描いたスケッチ風「線より面を捉えるデッサン」【2023】

【Photoshop講座】一瞬で特殊な効果を適用できるフィルター。でも、思うような結果が出ないことも多いですよね。そんなときは、少しだけの準備と、別の効果をプラスしてみましょう。素材に応じた設定ができてこそ、魔法のような機能は活かされます。
続きを読む
【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方「レンズ補正でディープとダークを両立」

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により、画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせたレトロな効果があります。彩度を濃くする「ディープ」。明度を暗くする「ダーク」。2種類の調整を両立させて、自然なビネット効果を作成しましょう。
続きを読む
【テクスチャ】ゼロからつくる!黒いアスファルト

【テクスチャ】ゼロからつくる!黒いアスファルト

【Photoshop講座】アスファルトは、岩石や鉱物系でありながら、都会的でカッコいい印象がありますね。「黒いアスファルト」が目指すものは、敷き詰められたばかりのアスファルトです。黒いタールと小石が入り混じったゴツゴツした質感を誇張させて、ゼロからアスファルトのテクスチャを作成しましょう。
続きを読む