レタッチ」カテゴリーアーカイブ

最初に覚えたい!画像生成AI・ジェネレーティブ塗りつぶし(Beta)「キーワードだけでも生成できる!」

最初に覚えたい!画像生成AI・ジェネレーティブ塗りつぶし(Beta)「キーワードだけでも生成できる!」

【Photoshop基本操作】Photoshop (Beta) の新機能「ジェネレーティブ塗りつぶし」は、画像生成 AI「Adobe Firefly (Beta)」の機能を、そのままコンテンツ内で使用できるようにしたものです。これまで、何時間もかかったような画像の修正や加工作業が、ほんの数分で仕上げることができます。しかも、驚くようなクオリティです。[ ジェネレーティブ塗りつぶし ] は、[ 生成塗りつぶし ] に名称変更されました。
続きを読む
これで解決!小さい画像の解像度はこうやって上げる!「スーパーズーム」【2023】

これで解決!小さい画像の解像度はこうやって上げる!「スーパーズーム」【2023】

【Photoshop基本操作】人物写真の解像度アップには、ニューラルフィルターの [ スーパーズーム ] が威力を発揮します。元画像の劣化を抑えて、最大16倍まで拡大できます。通常の [ 画像解像度 ] と違うところは、機械学習テクノロジーを使用しているところです。ワンクリックで、驚くような仕上がりが期待できます。
続きを読む
【レタッチ】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法「Camera Raw と Lightroom」【2022】

【レタッチ】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法「Camera Raw と Lightroom」

【Photoshop講座】ノイズを軽減するしくみは、いたってシンプルです。ピクセルをブレンドして、目立たなくするものです。しかし、やりすぎると画像がぼやけます。そのため、適度で控えめな、設定値を探ることが重要です。Camera Raw を使用して、画像に発生した高感度ノイズを軽減しましょう。
続きを読む
【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【Photoshop基本操作】画像の解像度を上げる作業を「アップサンプリング」といいます。ここで使用する機能の [ ディテールを保持 2.0 ] は、Photoshop CC 2018 から追加された、ピクセル情報の補間方法です。人工知能によるアルゴリズムで画質の劣化を抑え、ジャギーのない滑らかな輪郭が再現できます。
続きを読む
【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【Photoshop基本操作】スーパー解像度とは、ディテールの強化を機械学習して、縦横比2倍の大きさに自動変換します。しかし、Camera Raw に搭載されている機能なので、Photoshop で使えない、使い方がわからないなど、疑問だらけの機能でもあります。スーパー解像度を JPEG に適用して、その効果を検証してみましょう!
続きを読む