レタッチ」カテゴリーアーカイブ

【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【Photoshop基本操作】スーパー解像度とは、ディテールの強化を機械学習して、縦横比2倍の大きさに自動変換します。しかし、Camera Raw に搭載されている機能なので、Photoshop で使えない、使い方がわからないなど、疑問だらけの機能でもあります。スーパー解像度を JPEG に適用して、その効果を検証してみましょう!
続きを読む
【レタッチ】金網をなかったように消す方法【コンじる】

【レタッチ】金網をなかったように消す方法【コンじる】

【Photoshop基本操作】細部の修正はもちろん、広範囲をごっそり穴埋めできる [ コンテンツに応じた塗りつぶし ] は、初期設定のままでも、驚くような結果が期待できます。「コンじる」で、金網をなかったように消しちゃいましょう!
続きを読む
【レタッチ】JPEG圧縮の劣化をキレイに修正する方法【JPEGのノイズを削除】

【レタッチ】JPEG圧縮の劣化をキレイに修正する方法【JPEGのノイズを削除】

【Photoshop基本操作】JPEG形式の画像は、ファイル容量を少なくできる反面、画質が劣化してしまうのでが残念ですね。機械学習テクノロジーを使用した [JPEG のノイズを削除] を使用すれば、驚くほどカンタンに解決できます。
続きを読む
【レタッチ】老人を20歳くらい若返らせる方法【スマートポートレイト】

【レタッチ】老人を20歳くらい若返らせる方法【スマートポートレイト】

【Photoshop基本操作】機械学習テクノロジーを使用する [ニューラルフィルター] は、さまざまな驚くべき効果を簡単に適用できます。人物の表情を変える [スマートポートレイト] は、変形という枠を超えたフィルターで、元画像には存在しない新しいマップを作り出します。
続きを読む
【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【Photoshop基本操作】画像の解像度を上げる作業を「アップサンプリング」といいます。ここで使用する機能の [ ディテールを保持 2.0 ] は、Photoshop CC 2018 から追加された、ピクセル情報の補間方法です。人工知能によるアルゴリズムで画質の劣化を抑え、ジャギーのない滑らかな輪郭が再現できます。
続きを読む
【レタッチ】映っちゃったモノをなかったように消す方法【コンじる】

【レタッチ】映っちゃったモノをなかったように消す方法【コンじる】

【Photoshop基本操作】キズやゴミのような画像修復には、通称「コンじる」が威力を発揮します。その「コンじるファミリー」の集大成というべき機能が [コンテンツに応じた塗りつぶし] です。細部の修正はもちろん、広範囲をごっそり穴埋めできるので、いろんな用途に使えますね。映っちゃったモノをなかったように消してみましょう。
続きを読む
【レタッチ】ジャギーを除去して滑らかにする方法【2階調化】

【レタッチ】ジャギーを除去して滑らかにする方法【2階調化】

【Photoshop基本操作】ビットマップ画像の特徴であるジャギー ( ギザギザ線 ) は、曲線や斜線の輪郭に現れやすく、「2階調化」や「ポスタリゼーション」といった効果を加えると、さらにそれは際立って気になる存在となります。擬似的なアンチエイリアス処理でジャギーを除去して、輪郭を滑らかにする方法をご紹介しましょう。
続きを読む
【レタッチ】青空から鳥影を瞬時に消す【スポット修復ブラシツール】

【レタッチ】青空から鳥影を瞬時に消す【スポット修復ブラシツール】

【Photoshop基本操作】バージョンアップを重ねるごとに精度を増したスゴイ機能 [コンテンツに応じる]。これは Photoshop が自動的に周囲のカラー情報を解析し、いいカンジに修復してくれるというものです。その [コンテンツに応じる] を搭載した [スポット修復ブラシツール] を使って、青空から鳥影を瞬時に消してみましょう。
続きを読む
【レタッチ】画像内の人物を移動して自動修復する方法【コンテンツに応じた移動ツール】

【レタッチ】画像内の人物を移動して自動修復する方法【コンテンツに応じた移動ツール】

【Photoshop基本操作】画像内の対象物が切り抜きオブジェクトのように移動できれば、デザインの自由度は広がります。[コンテンツに応じた移動ツール] は、移動元の穴埋めと移動先の境界線を一度に自動修復してくれるツールです。意図したレイアウトに合わせて、計画的に画像内の主体を移動させましょう。
続きを読む
【レタッチ】広角撮影のゆがみをまっすぐに補正する【レンズ補正】

【レタッチ】広角撮影のゆがみをまっすぐに補正する方法【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】画像の歪みは、広角レンズで撮影した場合に多く現れます。水平と垂直が定まっていないこともあるので、傾きだけの補正でトリミングすることは難しいです。[レンズ補正] を使用すると、遠近の収束と歪みが同時に設定できます。一度の操作で補正から切り抜きまでを実行しましょう。
続きを読む