塗りの不透明度」タグアーカイブ

【ロゴ】フォントでつくる!フチドリだけの文字「レイヤースタイルと塗りの不透明度」【2022】

【ロゴ】フォントでつくる!フチドリだけの文字「レイヤースタイルと塗りの不透明度」

【Photoshop講座】文字の境界線で構成される袋文字は、文字を目立たせる効果において、最もベーシックな技法です。操作方法も比較的簡単で理解しやすいため、初級ユーザーの方が、最初に習得できるテクニックとしてオススメできます。イメージにぴったりのフォントを使用して、インパクトを持つ、フチドリだけの文字を作成しましょう。
続きを読む
【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法「テキストをシェイプに変換」

【Photoshop基本操作】文字の変形なんてカンタン! だとは思っていませんか? 素材画像のパースに合わせた変形は、フリーハンドで行うべきではありません。なぜなら、変形の違和感はもちろん、余白とのバランスがとても重要だからです。テキストレイヤーをアウトライン化して、遠近法に忠実な文字の変形を行いましょう。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字

【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字「パス上文字ツールとシェイプバースト」

【Photoshop講座】焼印とは、熱した金型を木や皮革などに押し付けて、それを何らかの印 (しるし) とするものです。Brand (ブランド) の語源とされているところが面白いですね。金型という特性があるので、ひとかたまりの文字にすると、それっぽく仕上がります。フォントや図形、イラストなど、あらゆるものに使える技法をご紹介しましょう。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!錆びた金属板の彫り込み文字

【ロゴ】フォントでつくる!錆びた金属板の彫り込み文字「立体錯視の効果で影を作成」

【Photoshop講座】木版や金属板に文字を彫り込んだ効果は、背景に敷くテクスチャの明暗によって簡単に作成できます。これは、光と影によって引き起こされる「立体錯視」を利用したもので、ポイントは、光源からの入射角に対して、影を付けることです。文字型で彫り込まれたような効果をつくりましょう。
続きを読む
【スタイル】ドロップシャドウで輪郭の影をつくる方法【画質・輪郭】

【スタイル】ドロップシャドウで輪郭の影をつくる方法【画質・輪郭】

【Photoshop基本操作】ドロップシャドウとは、Photoshop に搭載されている「レイヤースタイル」の効果のひとつです。タイプフェイスの手法としても、ポピュラーな存在です。文字の形の影を落とすことで、読みやすく際立たせる効果があります。透明ガラスにできるような、光が屈折した輪郭の影もつくることができます。
続きを読む