周辺光量補正」タグアーカイブ

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により、画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせたレトロな効果があります。彩度を濃くする「ディープ」。明度を暗くする「ダーク」。2種類の調整を両立させて、自然なビネット効果を作成しましょう。
続きを読む
写真をイラスト調に!暗い画像を明るくしたHDR風

写真をイラスト調に!暗い画像を明るくしたHDR風

【Photoshop講座】HDR とは、露出を変えて撮影した3〜5枚の画像を合成して、幅広いダイナミックレンジを記録する手法です。暗い部分や明るい部分を、くっきり鮮明にできるので、非現実で不思議な作品に変える技法にも使われています。そんな「 HDR 風」を、一枚の JPEG 画像から、もっと簡単に作り出してみましょう。
続きを読む
【効果】フェード領域の調整で人物の周辺をぼかす方法【虹彩絞りぼかし】

【効果】フェード領域の調整で人物の周辺をぼかす方法【虹彩絞りぼかし】

【Photoshop基本操作】写真の一部に焦点を合わせた効果は、それ以外の領域が大きくぼけるので、主体が強調できます。しかし、被写界深度を浅く撮影するには、それなりの機材とテクニックが必要です。画面四隅が暗くなる「ビネット効果」も加え、レトロなカメラで撮影した写真のように加工しましょう。
続きを読む
写真を加工する!インスタグラムX-PRO-II風

写真を加工する!インスタグラムX-PRO-II風

【Photoshop講座】おしゃれなヴィンテージ風写真に加工できるアプリ「 Instagram 」。その多彩なフィルターの中から、周辺を暗くコントラストを強くする「 X-PRO II 」を再現してみましょう。「 X-PRO II 」は、フィルム写真のような、ハイコントラスト、黄みがかった色調、ビネット効果が特徴です。
続きを読む
写真を加工する!インスタグラムHUDSON風

写真を加工する!インスタグラムHUDSON風

【Photoshop講座】おしゃれなヴィンテージ風写真に加工できるアプリ「 Instagram 」。その多彩なフィルターの中から、青みがかった色にする「 HUDSON 」を再現してみましょう。「 HUDSON 」は、人の肌色を損ねることなく、青みがからせることができるので、早朝の部屋や、高原の爽やかな空気感を演出するのに適しています。
続きを読む