Photoshop」タグアーカイブ

これで解決!逆光で暗くなった影はこうやって直す!「HDRトーン」【2023】

これで解決!逆光で暗くなった影はこうやって直す!「HDRトーン」【2023】

【Photoshop基本操作】調整量が大きくなると、通常の色調補正ツールでは、どうしても、仕上がりに違和感が出ました。[ HDR トーン ] を活用すれば、明るい部分を維持しながら、暗い部分を明るくする調整が行えます。逆光で暗くなった影を、より自然に明るく補正しましょう。
続きを読む
これで解決!室内撮影の色かぶりはこうやって直す!「ホワイトバランスと色温度」【2023】

これで解決!室内撮影の色かぶりはこうやって直す!「ホワイトバランスと色温度」【2023】

【Photoshop基本操作】色かぶりとは、光源の色の違いにより起こる現象です。室内撮影では、暗いオレンジ色になることも多いです。色かぶりの除去は、まず、ホワイトバランスを自動で整える機能を利用します。そして、素材に合わせた、適切な調整を行いましょう。
続きを読む
これで解決!切り抜きの白フチはこうやって取る!「明るさの最小値」

これで解決!切り抜きの白フチはこうやって取る!「明るさの最小値」【2023】

【Photoshop基本操作】オブジェクトの切り抜きでは、境界線に白フチや黒フチが残ることがよくあります。これは、元画像の背景の色や明るさが境界線に残っているためです。[ 明るさの最小値 ] とは、境界線を収縮する機能です。現在のピクセルの明るさを調整して、黒い領域を広げ、白い領域を縮小します。
続きを読む
緑の葉を秋らしく紅葉させる方法「色域指定と色相・彩度の使い方」【2022】

【色調補正】緑の葉を秋らしく紅葉させる方法「色域指定と色相・彩度の使い方」【2022】

【Photoshop基本操作】色の属性には、色相、彩度、明度があります。これらは数値によって表されます。それぞれの数値が関係し合って、ひとつの色が作られています。しかし、色変換の一般的な認識は、簡単な操作で大きく変わる「色相」だけで済まされていることが多いです。緑の葉を違和感のない鮮やかな紅葉に変えてみましょう。
続きを読む
【効果】ぼかし具合を変えて料理を引き立てる方法【虹彩絞りぼかし】

ぼかし具合を変えて料理を引き立てる方法「虹彩絞りぼかしの使い方」【2022】

【Photoshop基本操作】被写界深度が部分的に調整できる [ 虹彩絞りぼかし ] を使用すれば、まるで、高性能カメラで撮影したような、ソフトフォーカスが演出できます。テーブルに置かれたピザに焦点を合わせて、料理を美味しそうに引き立てましょう。
続きを読む