Photoshop」タグアーカイブ

基本がわかる!トーンカーブの使い方【2022】

基本がわかる!トーンカーブの使い方「暗い画像を明るくするコツと色かぶり補正」【2022】

【Photoshop基本操作】トーンカーブは、画像補正の最強ツールです。自由な形に変化するカーブで、感覚的な操作が行えます。しかし、使い方は少々難しいです。その原因は、最大 16 箇所もある調整ポイントの多さです。まず、カーブの変化がどのような結果をもたらすのか? それを知ることから始めましょう。
続きを読む
写真をイラスト調に!アニメ風景の描き方「場面転換・都会の雑踏」

写真をイラスト調に!アニメ風景の描き方「場面転換・都会の雑踏」

【Photoshop講座】都会の雑踏をテーマに、見上げた青空と、ジェット旅客機を合成します。アニメっぽく仕上げるコツは、影を明るくすることと、輪郭をハッキリさせることです。情緒的な光の演出を加えて、アニメ風景を完成させましょう。
続きを読む
写真をイラスト調に!マンガ風景の描き方「モノクロ・場面転換・都会の雑踏」

写真をイラスト調に!マンガ風景の描き方「モノクロ・場面転換・都会の雑踏」

【Photoshop講座】漫画でよく見かける風景は、実際の写真をトレースしたものが多いです。場面転換のカットとして、都会の雑踏を感じさせるイメージを教材に選びました。スッキリ整理された線を素材から抽出して、ハーフトーンでそれっぽく仕上げましょう。墨入れバージョンも作れます。
続きを読む
【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【Photoshop基本操作】文字の変形なんてカンタン! だとは思っていませんか? 素材画像のパースに合わせた変形は、フリーハンドで行うべきではありません。なぜなら、変形の違和感はもちろん、余白とのバランスがとても重要だからです。テキストレイヤーをアウトライン化して、遠近法に忠実な文字の変形を行いましょう。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字

【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字

【Photoshop講座】焼印とは、熱した金型を木や皮革などに押し付けて、それを何らかの印 ( しるし ) とするものです。Brand ( ブランド ) の語源とされているところが面白いですね。金型という特性があるので、ひとかたまりの文字にすると、それっぽく仕上がります。フォントや図形、イラストなど、あらゆるものに使える技法をご紹介しましょう。
続きを読む