【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

3枚のレイヤーを準備する

STEP 1 で作成した塗りつぶしレイヤー [ ディープ ] は、彩度を濃くするためのレイヤーです。さらに、明度を暗くする [ ダーク ]、そして、中央を明るくする [ コントラスト ] を、STEP 1 と同様に作成しましょう。
3枚のレイヤーを準備する
3枚のレイヤーを準備する
[ レイヤー ] メニューから、[ スマートオブジェクト ] – [ スマートオブジェクトに変換 ] を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
レイヤーや背景を、スマートオブジェクトに変換しておくと、適用するフィルターや、色調補正などの調整が、再編集できるようになります。
スマートオブジェクト [ ダーク ] を作成します。ただし、[ ダーク ] は、[ ホワイト ] の塗りつぶしを設定しておきます。STEP 1 を参照
スマートオブジェクト [ コントラスト ] を作成します。ただし、[ コントラスト ] は、[ 80% グレー ] の塗りつぶしを設定しておきます。STEP 1 を参照
[グリッドを表示] のチェックマークを外す
[グリッドを表示] のチェックマークを外す
中性色とは?
描画モードを用いて、基本色と合成しても、結果色に変更がない色を「中性色」といいます。
[ 50% グレー ] は、描画モード [ オーバーレイ ] の中性色です。[ ホワイト ] は、描画モード [ 乗算 ] の中性色です。[ 80% グレー ] は、描画モード [ 覆い焼きカラー ] の、中性色である [ ブラック ] より、20% 明るいグレーです。
基本がわかる!描画モードの種類と特性
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【2022】
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

描画モードの設定

3つのレイヤーが作成できたら、それぞれのレイヤーに、異なる描画モードを設定しましょう。描画モードの設定は、必ず、対象のレイヤーを選択してください。
[ レイヤー ] パネルで、[ ディープ ] を選択します。
描画モードに [ オーバーレイ ] を選択します。
[オーバーレイ]を選択
[ オーバーレイ ] を選択
[ ダーク ] を選択します。
描画モードに [ 乗算 ] を選択します。
[乗算]を選択
[ 乗算 ] を選択
[ コントラスト ] を選択します。
描画モードに [ 覆い焼きカラー ] を選択します。
[覆い焼きカラー]を選択
[ 覆い焼きカラー ] を選択
[ コントラスト ] については、仕上げの調整となるので、一旦、レイヤーを非表示にしておきます。目アイコンをクリック
[ ディープ ] と [ ダーク ] は、合成色に中性色を設定しています。したがって、結果色には変更がありません。
[レイヤーの表示/非表示]をクリック
[ レイヤーの表示/非表示 ] をクリック
乗算とオーバーレイの違いは?
描画モードの [ 乗算 ] と [ オーバーレイ ] は、印象を暗くしたい場合によく使われる、代表的な描画モードです。[ 乗算 ] は、基本色に合成色を掛け合わせるので、合成色が [ ホワイト ] の場合、結果色には変更がありません。
[ オーバーレイ ] は、合成色が明度 50% を境界として、明るい色はより明るく、暗い色はより暗くするので、合成色が [ 50% グレー ] の場合、結果色には変更がありません。
基本がわかる!描画モードの種類と特性
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク