【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせた効果で、どこか懐かしいレトロな演出ができます。[レンズ補正] の [周辺光量補正] を活用すれば、どんなドキュメントサイズでも簡単に作成できます。


ダークとディープを両立させる!
下手なビネット効果は、単にブラックを被せて周辺を暗くすることです。この方法だと、鮮やかな色は汚くなるし、一律に暗くなるのでメリハリもなくなります。違和感が出るようではマイナスですね。素材画像に応じたダーク (暗さ) とディープ (濃さ) を両立させてこそ、恥ずかしくない演出になるのではないでしょうか?

ビネット効果の作り方

これから行う操作は、画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方です。基本設定から暗くする領域や適用度が自由に変更できます。また、効果はフィルターの設定値だけで再現されるので、テクニックを要するフリーハンドの描画などは一切ありません。誰でも簡単に同じ効果が手早く作成できます。
元画像 → ビネット効果を適用

ダークとディープを準備する

素材画像をダウンロードします。作例では、[幅 : 1600 pixel] x [高さ : 1200 pixel] の [RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
どんなサイズにも対応!
ドキュメントサイズや解像度はなんでもかまいません。RGB カラーモードなら、スクエア、ワイド (16 : 9) など、どんな比率の画像にも対応できます。
スクエアサイズでの適用例

スクエアサイズでの適用例
[レイヤー] パネルで、[グループを作成] をクリックし、[グループ 1] を作成します。作例では、グループ名を「ビネット効果」に変更しました。
[グループ] フォルダーを作成

[グループ] フォルダーを作成
[新規レイヤーを作成] をクリックし、[レイヤー 1] を作成します。作例では、レイヤー名を「ディープ」に変更しました。
新規レイヤーを作成

新規レイヤーを作成
[編集] メニューから、[塗りつぶし] を選択します。[塗りつぶし] ダイアログで、[内容] に [50% グレー] を選択して、[OK] をクリックします。
[内容] に [50%グレー]を選択

[内容] に [50% グレー]を選択
[フィルター] メニューから、[スマートフィルター用に変換] を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認

スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
あらかじめ、[フィルター] メニューから、[スマートフィルター用に変換] を選択して、レイヤーや背景をスマートオブジェクトに変換しておくと、適用するフィルターや色調補正などの調整が再編集できるようになります。
[スマートフィルター用に変換] のアラート

[スマートフィルター用に変換] のアラート
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
同様にして、レイヤー「ダーク」を作成します。ただしこちらは、[ホワイト] で塗りつぶしておきます。
レイヤー「ダーク」を作成

レイヤー「ダーク」を作成
2つのレイヤーがスマートオブジェクトに変換されていることを確認したら、それぞれのレイヤーを選択し、描画モードを設定します。[50% グレー] で塗りつぶした「ディープ」を [オーバーレイ]、[ホワイト] で塗りつぶした「ダーク」を [乗算] に設定してください。
描画モードを設定

描画モードを設定
乗算とオーバーレイの違いは?
描画モードの [乗算] と [オーバーレイ] は、印象を暗くしたい場合によく使われる、代表的な描画モードです。[乗算] は、基本色に合成色を掛け合わせるので、合成色が「ホワイト」の場合、結果色には変更がありません。
[オーバーレイ] は、合成色が明度 50% を境界として、明るい色はより明るく、暗い色はより暗くするので、合成色が「50% グレー」の場合、結果色には変更がありません。これらの結果色に変更がない色を「中性色」といいます。
基本がわかる!描画モードの種類と特性
続きは↓下の番号をクリック!

123

スポンサード リンク