自動処理」カテゴリーアーカイブ

基本がわかる!アクションの作り方

基本がわかる!アクションの作り方

【Photoshop基本操作】アクションとは、Photoshop で行う一連の操作を、レコーダーで録音するような感覚で記録して、自動的に同じ操作を繰り返したり、他のファイルで再生することができる機能です。ドキュメントサイズの変更と、カラー画像をモノクロにする、簡単なアクションを作成しましょう。

続きを読む

【自動処理】複数のファイル名を一括してリネームする方法【Bridge】

【自動処理】複数のファイル名を一括してリネームする方法【Bridge】

【Photoshop基本操作】ファイルブラウザの「Adobe Bridge」には、ファイル名をバッチ処理で変更できる大変便利な機能があります。見やすい画像プレビューから画像を選択し、自由度の高いルールの組み合わせで、複数のファイル名を一括してリネームしましょう。

続きを読む

【アクション】PNG形式のファイルをEPS形式に一括変換する

【自動処理】PNG形式のファイルをEPS形式に一括変換する方法【アクション】

【Photoshop基本操作】PNG 形式の RGB 画像を印刷用に使用する場合は、ファイルフォーマットの変換に加え、CMYK カラーモードの変換も行わなければなりません。処理する画像の量が多いと、これは大変厄介な作業になります。アクションとバッチ処理で、互換性の高い EPS 形式に一括変換しましょう。

続きを読む

【自動処理】3種類のファイル変換を同時に行う方法【イメージプロセッサー】

【自動処理】3種類のファイル変換を同時に行う方法【イメージプロセッサー】

【Photoshop基本操作】[イメージプロセッサー] は、アクションを必要としないファイル変換に特化した機能です。JPEG、PSD、TIFF の3つのファイル形式が同時に自動処理できます。たとえば、画像のサイズを変更し、オリジナルサイズとサムネールを同時に作成することができます。

続きを読む

【画像のフィット】一括リサイズを画像の長辺で統一する

【自動処理】一括リサイズを画像の長辺で統一する方法【画像のフィット】

【Photoshop基本操作】デジカメで撮影した画像ファイルを自動的にリサイズしたい場合、問題となることは、縦位置と横位置で撮影された画像が混在している点です。縦横どちらかの長辺を指定した大きさに一括変換できる [画像のフィット] を使用すれば、すべての画像が統一した大きさにリサイズできます。

続きを読む

【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する

【自動処理】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する【ドロップレット】

【Photoshop基本操作】[ドロップレット] を作成すると、そのアイコンにドラッグ&ドロップするだけで、記録した任意のアクションを再生することができます。たとえば、フォルダー内に保存された複数の画像ファイルから、アイコンプレビューで直感的に選び出し、すばやくアクションを適用することができます。

続きを読む