ベベルとエンボス」タグアーカイブ

【ロゴ】フォントでつくる!飛び出すシャドウ文字「移動と複製でグングン押し出す!」【2023】

【Photoshop講座】シャドウ処理は、文字を立体的に見せる効果的な技法です。シャドウ部分を長くすることで、文字列の一体感が生まれます。移動と複製を繰り返す裏技を使えば、3D 押し出し文字のような陰影も、簡単に付けることができます。ベースのフォントからアウトラインを作り、飛び出す方向にグングン押し出しましょう。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!破れた段ボールの文字「マスクを活用した表現方法」【2023】

【ロゴ】フォントでつくる!破れた段ボールの文字「マスクを活用した表現方法」【2023】

【Photoshop講座】段ボールの中芯の波形や、板紙が剥がれた様子を再現します。ベースに設定する効果から、3枚の層を複製して、それぞれのレイヤーマスクに、変更を加えていきましょう。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキの立体文字「乗用車のエンブレム」【2023】

【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキの立体文字「乗用車のエンブレム」【2023】

【Photoshop講座】乗用車などに取り付けられた「メッキのエンブレム」は、カタログやポスターでもグラフィック化され、製品のイメージを伝える重要な役割を果たしています。その材質や質感を損なうことなく、アレンジするテクニックは、デザイナーならマスターしておきたいですね。リアルな金属メッキの光沢感を表現しましょう。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!ひび割れたコンクリートの文字「マスク編集とレイヤースタイル」【2022】

【ロゴ】フォントでつくる!ひび割れたコンクリートの文字「マスク編集とレイヤースタイル」

【Photoshop講座】元画像から切り取った文字の表面に、ひび割れ模様を描画したマスクを追加します。アルファチャンネルを使ったマスク編集は、オシャレなグランジ風の文字にも応用できます。レイヤースタイルの効果を加えて、退廃的なムードに仕上げましょう。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字

【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字「パス上文字ツールとシェイプバースト」【2022】

【Photoshop講座】焼印とは、熱した金型を木や皮革などに押し付けて、それを何らかの印 (しるし) とするものです。Brand (ブランド) の語源とされているところが面白いですね。金型という特性があるので、ひとかたまりの文字にすると、それっぽく仕上がります。フォントや図形、イラストなど、あらゆるものに使える技法をご紹介しましょう。
続きを読む