テクスチャ」タグアーカイブ

【Dimension】最初に覚えたい!基本操作10選「3DCGでモックアップをつくる」

【Dimension】最初に覚えたい!基本操作10選「3DCGでモックアップをつくる」

【Dimension基本操作】「 Dimension 」を簡単に言えば、立体物に画像を貼り付けるソフトです。3DCG のしくみや、操作がイマイチわからないというユーザーにとっては、取り組みやすいツールだと思います。最初に覚えたい基本操作を10項目に絞って、ひとつのモックアップ作品を作成してみましょう。新機能は Substance 3D に移行される予定
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字

【ロゴ】フォントでつくる!焦げた焼印の文字「パス上文字ツールとシェイプバースト」

【Photoshop講座】焼印とは、熱した金型を木や皮革などに押し付けて、それを何らかの印 ( しるし ) とするものです。Brand ( ブランド ) の語源とされているところが面白いですね。金型という特性があるので、ひとかたまりの文字にすると、それっぽく仕上がります。フォントや図形、イラストなど、あらゆるものに使える技法をご紹介しましょう。
続きを読む
写真をイラスト調に!フェアリー風のステンシルアート

写真をイラスト調に!フェアリー風のステンシルアート「3色シルクスクリーンの技法」

【Photoshop講座】シェパード・フェアリーは、アメリカを代表する、ストリート・アーティストです。その独創的な配色や、抽象的に図案化された、肖像画のポスターなどが有名です。3色で刷られた、シルクスクリーンの技法を再現しましょう。
続きを読む
【スタイル】ベベルとエンボスで質感をコントロールする方法【陰影・高度】

【スタイル】ベベルとエンボスで質感をコントロールする方法【陰影・高度】

【Photoshop基本操作】ベベルとエンボスとは、Photoshop 6.0 以降のバージョンに搭載されている「レイヤースタイル」の機能のひとつです。ベベルとは、平面を押し出して立体的にしたような効果をつける機能で、エンボスとは、紙や金属板などから図柄を浮き彫りにしたような効果をつける機能のことをいいます。
続きを読む
【テクスチャ】ゼロからつくる!涼しげな水の波紋

【テクスチャ】ゼロからつくる!涼しげな水の波紋

【Photoshop講座】水の波紋には、幾重にも広がる輪や規則正しいリズムがあります。その物静かな清涼感や環境イメージは、タイトルや商品などを意図的にアピールする手法とされています。
続きを読む