演出・効果」カテゴリーアーカイブ

【効果】ぼかし具合を変えて料理を引き立てる方法【虹彩絞りぼかし】

【効果】ぼかし具合を変えて料理を引き立てる方法【虹彩絞りぼかし】

【Photoshop基本操作】被写体にピントが合った効果は、周辺をぼかすことで行います。しかし、テーブルに置かれたコップや調味料入れなどが、同じようにボケてしまっては不自然ですね。部分的に、ぼかし具合が調整できる [ 虹彩絞りぼかし ] を使用すれば、まるで、高性能カメラで撮影したような、イメージにすることができます。
続きを読む
【効果】これで解決!逆光の位置を正確に設定する方法【詳細な光源の位置】

【効果】これで解決!逆光を思いどおりの位置に設定する方法【詳細な光源の位置】

【Photoshop基本操作】まるで、本物のカメラで撮影したような、レンズフレアを加えることができるのが [ 逆光 ] フィルターです。しかし、思いどおりの位置に、設定できないと感じたことはありませんか? 実は、小さなプレビュー内に隠された詳細設定があります。
続きを読む
【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせた効果で、どこか懐かしいレトロな演出ができます。[レンズ補正] の [周辺光量補正] を活用すれば、どんなドキュメントサイズでも簡単に作成できます。
続きを読む
【効果】曇り空を夕焼けに!サンプル画像の色調に合わせる方法【カラーの適用】

【効果】曇り空を夕焼けに!サンプル画像の色調に合わせる方法【カラーの適用】

【Photoshop基本操作】一般的な色調補正は、元画像のカラー情報を増減させて行います。しかし、[ カラーの適用 ] では、別画像のカラー情報に置き換えて、全体の色調をまるごと変換します。たとえば、静寂な青い海を、エネルギッシュな夕景に変えることだって可能です。サンプル画像の色調に合わせましょう。
続きを読む
【効果】ピントを変える!擬似的な被写界深度をつくる方法【ハイパス】

【効果】ピントを変える!擬似的な被写界深度をつくる方法【ハイパス】

【Photoshop基本操作】近くのものをハッキリと、遠くのものをボンヤリと見せたい場合、それぞれの領域で、シャープとブラーを、個別に適用することが考えられます。しかし、その境界線が不自然になったり、マスクで抽出したり、何かと操作が面倒そうですね。もっと簡単な方法があります。擬似的な被写界深度を調整しましょう。
続きを読む