Layer Style」タグアーカイブ

基本がわかる!グラデーションの作り方

基本がわかる!グラデーションの作り方

【Photoshop基本操作】グラデーションとは、明るさや色の滑らかな変化です。ドラッグした距離でグラデーションを描画する [グラデーションツール] は、単にグラデーションを敷きつめるだけの役割でなく、選択範囲やマスクの作成など、さまざまな場面で活用される万能ツールです。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキの立体文字

【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキの立体文字

【Photoshop講座】乗用車などに取り付けられた「メッキのエンブレム」は、カタログやポスターでもグラフィック化され、製品のイメージを伝える重要な役割を果たしています。その材質や質感を損なうことなくアレンジするテクニックは、デザイナーならマスターしておきたいですね。リアルな金属メッキの光沢感を表現しましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!テーブルにこぼれた水滴の文字

【ロゴ】フォントでつくる!テーブルにこぼれた水滴の文字

【Photoshop講座】 ドキュメントに入力した文字を [ワープテキスト] で変形させて、テーブルの上に撒かれたような水の形を描き加え、[レイヤースタイル] の効果を組み合わせて、透明な水滴風に仕上げていきましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字

【ロゴ】フォントでつくる!焼け焦げたタイトル文字

【Photoshop講座】新聞紙などが焼け焦げた処理は、文字型で抜く処理が加わると意外に簡単なものです。それは、形状が限られてしまうことで、不自然さを味方にできるから? なのかも知れません。2つのエフェクトの組み合わせと、レイヤースタイルの効果だけで作成できる方法をご紹介しましょう。

続きを読む

【テクスチャ】ゼロからつくる!黒いアスファルト

【テクスチャ】ゼロからつくる!黒いアスファルト

【Photoshop講座】アスファルトは、岩石や鉱物系でありながら、都会的でカッコいい印象がありますね。黒いタールと小石が入り混じったゴツゴツした質感を誇張させて、ゼロからアスファルトのテクスチャを作成しましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!キラキラ輝く金属文字

【ロゴ】フォントでつくる!キラキラ輝く金属文字

【Photoshop講座】キラキラ輝く演出には、光源から放たれる線 (光条) を交差させる「クロス」がポピュラーです。6本の光条がある「スノークロス」を疑似的に作成して、金属の立体文字に配置しましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!透明アクリルの押し出し文字

【ロゴ】フォントでつくる!透明アクリルの押し出し文字

【Photoshop講座】このレッスンは、難しい「3D 機能」を使わない簡単な方法です。入力した好みのフォントから、透明アクリルの立体効果をつくり出すことができます。ポップでキュートなロゴを作成しましょう。

続きを読む

【スタイル】ドロップシャドウで輪郭の影をつくる方法【画質・輪郭】

【Photoshop基本操作】ドロップシャドウとは、Photoshop に搭載されている「レイヤースタイル」の効果のひとつです。タイプフェイスの手法としてもポピュラーな存在です。文字の形の影を落とすことで、読みやすく際立たせる効果があります。透明ガラスにできるような、光が屈折した輪郭の影もつくることができます。

続きを読む

【スタイル】レイヤーがドロップシャドウをノックアウト【抜き合わせ】

【スタイル】レイヤーがドロップシャドウをノックアウト【抜き合わせ】

【Photoshop基本操作】[レイヤーがドロップシャドウをノックアウト]とは、[レイヤースタイル] ダイアログの[ドロップシャドウ] にあるオプション機能で、有効の場合、オブジェクトと重なる部分のドロップシャドウが取り除かれます。しかし、不透明色で作成されたオブジェクトに対しては、「有効」と「無効」の変化が確認できないので、どんな働きをする機能なのかが分かりにくいものとされています。

続きを読む

【スタイル】ベベルとエンボスで質感をコントロールする方法【陰影・高度】

【スタイル】ベベルとエンボスで質感をコントロールする方法【陰影・高度】

【Photoshop基本操作】ベベルとエンボスとは、Photoshop 6.0 以降のバージョンに搭載されている「レイヤースタイル」の機能のひとつです。ベベルとは、平面を押し出して立体的にしたような効果をつける機能で、エンボスとは、紙や金属板などから図柄を浮き彫りにしたような効果をつける機能のことをいいます。

続きを読む