Photoshop基本操作」カテゴリーアーカイブ

【文字&レイアウト】画像と文字を配置したポストカードをつくる

【文字&レイアウト】画像と文字を配置したポストカードをつくる

【Photoshop基本操作】画像や文字をキレイにプリント出力するには、大きな画像解像度が必要です。高品質な商業印刷で求められる数値を設定して、年賀状にも応用できるカンタンなポストカードを作成しましょう。

続きを読む

【描画色】よく使う色だけでパネルをカスタマイズする方法【スウォッチ】

【描画色】よく使う色だけ!スウォッチをカスタマイズする方法

【Photoshop基本操作】よく使う色だけで [スウォッチ] パネルを構成すれば、作業効率は格段にスピードアップできます。たとえば、決められたポートレートカラーを追加しておけば、設定値を間違ってしまうミスもなくなるし、関連した複数のイメージカラーも一覧できます。指定色の面倒な設定や、たくさんのカラースウォッチから探し出す手間を省きましょう。

続きを読む

基本がわかる!ガイドの作成

基本がわかる!ガイドの作成

【Photoshop基本操作】ガイドとは、プリント出力では反映されない仮の基準線です。合成画像や文字などの配置を目安にしたり、スナップで吸着させたい場合などに使用します。

続きを読む

【自動処理】複数のファイル名を一括してリネームする方法【Bridge】

【自動処理】複数のファイル名を一括してリネームする方法【Bridge】

【Photoshop基本操作】ファイルブラウザの「Adobe Bridge」には、ファイル名をバッチ処理で変更できる大変便利な機能があります。見やすい画像プレビューから画像を選択し、自由度の高いルールの組み合わせで、複数のファイル名を一括してリネームしましょう。

続きを読む

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【Photoshop基本操作】CMYK の4色から2色を選んで調整する「2色刷り」は、印刷コストを大幅に抑える技法として、古くから商業印刷の分野で行われています。Photoshop での色分解は、[チャンネルミキサー] を使って、CMYK の各チャンネルを調整します。

続きを読む

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【Photoshop基本操作】画像の解像度を上げる作業を「アップサンプリング」といいます。ここで使用する機能の [ディテールを保持 2.0] は、Photoshop CC 2018 から追加された、ピクセル情報の補間方法です。人工知能によるアルゴリズムで画質の劣化を抑え、ジャギーのない滑らかな輪郭が再現できます。

続きを読む

【スタイル】ドロップシャドウで輪郭の影をつくる方法【画質・輪郭】

【Photoshop基本操作】ドロップシャドウとは、Photoshop に搭載されている「レイヤースタイル」の効果のひとつです。タイプフェイスの手法としてもポピュラーな存在です。文字の形の影を落とすことで、読みやすく際立たせる効果があります。透明ガラスにできるような、光が屈折した輪郭の影もつくることができます。

続きを読む

【画像の変形】カンタンに盛れる!デカ目&小顔に加工する方法【顔立ちを調整】

【画像の変形】カンタンに盛れる!デカ目&小顔に加工する方法【顔立ちを調整】

【Photoshop基本操作】目を大きくしたり、スッキリ小顔にする画像加工が、プロパティをコントロールするだけでカンタンにできてしまいます。[顔立ちを調整] は、画像から自動的に顔を検出して、目、鼻、口はもちろん、顔の形状や額の広さまで、それぞれが詳細に調整できるので、不自然になりがちな印象も解消できます。

続きを読む

【画像合成】背景が透ける切り抜きグラスの合成方法【描画モード】

【画像の合成】背景が透ける切り抜きグラスの合成方法【描画モード】

【Photoshop基本操作】画像にワイングラスを合成するには、不透明度で「半調」にしてはダメです。これじゃ幽霊みたいになってします (笑)。ガラスのくっきりした質感は、エッジの濃い部分と、光沢や映り込みの明るい部分を残しながら、背景が透けて見えるように調整しなければなりません。描画モードの [乗算] と [スクリーン] を活用してみましょう。

続きを読む

【レタッチ】映っちゃったモノをなかったように消す方法【コンじる】

【レタッチ】映っちゃったモノをなかったように消す方法【コンじる】

【Photoshop基本操作】キズやゴミのような画像修復には、通称「コンじる」が威力を発揮します。その「コンじるファミリー」の集大成というべき機能が [コンテンツに応じた塗りつぶし] です。細部の修正はもちろん、広範囲をごっそり穴埋めできるので、いろんな用途に使えますね。映っちゃったモノをなかったように消してみましょう。

続きを読む