カテゴリー別アーカイブ: Photoshop基本操作

【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【Photoshop基本操作】文字の変形なんてカンタン! と思っていませんか? 素材画像のパースに合わせた変形は、フリーハンドで行うべきではありません。なぜなら、変形の違和感はもちろん、余白とのバランスがとても重要だからです。テキストレイヤーをアウトライン化する[シェイプに変換]で、遠近法に忠実な文字の変形を行いましょう。

続きを読む

【画像合成】スマホ画面にピッタリはめ込む【ガイドにスナップ】

【画像合成】スマホ画面にピッタリはめ込む【ガイドにスナップ】

【Photoshop基本操作】スマートフォン画面に別の画像をはめ込み合成する場合、選択範囲内にペーストする方法がポピュラーですが、角度を合わせた変形を行ったり、エッジに合わす作業はとても面倒なものです。そんなときは、あらかじめ画面比率に合わせて画像を切り抜き、ガイドのスナップ機能を利用すれば、正確な変形はもちろん、すばやく効率的な作業が行えます。

続きを読む

【トリミング】足りない領域を一瞬で伸ばす方法【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【トリミング】足りない領域を一瞬で伸ばす方法【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【Photoshop基本操作】たとえば、主体と被らずにタイトルやロゴを配置したい場合、背景に「もう少し余裕が欲しい」と思うことがよくあります。このような素材画像の足りない領域を、水平方向、または垂直方向に違和感なく伸ばすことができる[コンテンツに応じて拡大・縮小]について学びましょう。

続きを読む

基本がわかる!レイヤーマスクの使い方

基本がわかる!レイヤーマスクの使い方

【Photoshop基本操作】レイヤーマスクとは、画像の一部を隠すことができる機能です。たとえば、人物の切り抜きなど、詳細で正確な境界線が求められる場合や、合成画像を段階的にぼかして背景になじませたい場合に使用します。最初に覚えておきたいレイヤーマスクの使い方をご紹介しましょう。

続きを読む

【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【Photoshop基本操作】CMYK カラーモード変換で失われた鮮やかな色は、RGB カラーモード変換だけでは再現できません。補正で彩度を高めようとすると、引き換えにコントラストが弱くなってしまい、思うような仕上がりに近付けるには大変苦戦します。そんなときは、Lab カラーモードを試してみましょう。今までの悩みが一気に解消できるかも?

続きを読む

【色調補正】色の濁りを取って鮮やかな青空にする方法【特定色域の選択】

【色調補正】色の濁りを取って鮮やかな青空にする方法【特定色域の選択】

【Photoshop基本操作】風景写真の空を青くする方法はいろいろあります。その中でも比較的に理解しやすく、高い効果を発揮できるのが[特定色域の選択]です。青空はもちろん、夕焼けの空や木々の緑も、濁りのない鮮やかな色に補正することができます。

続きを読む

【トリミング】切り抜きサイズを指定する方法【切り抜きツール】

【トリミング】切り抜きサイズを指定する方法【切り抜きツール】

【Photoshop基本操作】SNS 用のプロフィール画像など、Web 上で使用する画像は、あらかじめ、画像サイズ(仕上げ寸法)が指定されていることがあります。必要な部分だけをトリミングしながら、ピクセル数をぴったり合わせることって、意外に難しいですよね。切り抜きサイズの比率をキープしながら、トリミング領域が自由に操作できる方法をご紹介しましょう。

続きを読む

【色調補正】色かぶりをワンクリックで除去する方法【トーンカーブ】

【色調補正】色かぶりをワンクリックで除去する方法【トーンカーブ】

【Photoshop基本操作】色かぶりとは、撮影時の「光源の色の違い」により起こる現象で、写真全体の色調が赤っぽかったり、青っぽかったりすることです。自動で行える便利機能もありますが、素材によっては、あまり効果が出ないものも当然あります。適切なサンプリングポイントを見極めて、自動に頼らずワンクリックで除去する方法をご紹介しましょう。

続きを読む

【パス&シェイプ】クリックするだけ!パスを直感的に作成する方法【曲線ペンツール】

【パス&シェイプ】クリックするだけ!パスを直感的に作成する方法【曲線ペンツール】

【Photoshop基本操作】[曲線ペンツール]は、曲線の曲がり具合を自動的に適用してくれるゴキゲンなツールです。パス操作の鬼門「方向線」を設定する必要がないので、直感的にクリックするだけで、定義に基づいた美しい曲線を作成することができます。これでパスの苦手を克服しましょう!

続きを読む

【プリントサイズ】モニタ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【プリントサイズ】モニタ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【Photoshop基本操作】名刺やハガキなどの印刷物を作成するとき、パソコンのモニタ(ディスプレイ)に実物の大きさを表示して確認することが必要です。Photoshop の[表示]メニューには、実物の大きさを表示できる[プリントサイズ]がありますが、選択しても同じ大きさにならないので、使用することをあきらめている方も多いのではないでしょうか? Photoshop の[スクリーン解像度]を調整して、モニタ表示を「実物大」や「原寸大」といった、同じ大きさにすることを目指しましょう。

続きを読む