Photoshop基本操作」カテゴリーアーカイブ

基本がわかる!トーンカーブの使い方【2022】

基本がわかる!トーンカーブの使い方「暗い画像を明るくするコツと色かぶり補正」【2022】

【Photoshop基本操作】トーンカーブは、画像補正の最強ツールです。自由な形に変化するカーブで、感覚的な操作が行えます。しかし、使い方は少々難しいです。その原因は、最大 16 箇所もある調整ポイントの多さです。まず、カーブの変化がどのような結果をもたらすのか? それを知ることから始めましょう。
続きを読む
【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【Photoshop基本操作】文字の変形なんてカンタン! だとは思っていませんか? 素材画像のパースに合わせた変形は、フリーハンドで行うべきではありません。なぜなら、変形の違和感はもちろん、余白とのバランスがとても重要だからです。テキストレイヤーをアウトライン化して、遠近法に忠実な文字の変形を行いましょう。
続きを読む
【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により、画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせたレトロな効果があります。彩度を濃くする「ディープ」。明度を暗くする「ダーク」。2種類の調整を両立させて、自然なビネット効果を作成しましょう。
続きを読む
【トリミング】足りない領域を一瞬で伸ばす方法「パース編」【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【トリミング】足りない領域を一瞬で伸ばす方法「パース編」【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【Photoshop基本操作】背景にもう少し余裕が欲しい場合、無敵の AI 機能 [コンテンツに応じて拡大・縮小] を使えば、違和感なく、一瞬で伸ばすことができます。しかし、遠近感のある構図では、パースに段差が発生したり、偏った変形が加わったり、なかなか思うようにできません。そんなときは、画面を分割して、それぞれ個別に適用してみましょう。
続きを読む
【画像の変形】置き換えるだけ!パッケージデザインをモックアップに貼る方法「アルミ蒸着フィルム編」【ワープ】

【画像の変形】置き換えるだけ!パッケージデザインをモックアップに貼る方法【ワープ】

【Photoshop基本操作】あなたのデザインに置き換えるだけ!実物イメージが簡単に視覚化できる、モックアップの雛形ファイルです。チョコレート菓子の個包装に、はめ込み合成しましょう。
続きを読む