トーンカーブ」タグアーカイブ

基本がわかる!色かぶりの補正「ホワイトバランスと色温度」【2024】

基本がわかる!色かぶりの補正「ホワイトバランスと色温度」【2024】

【Photoshop基本操作】写真全体の色調が、特定の色に偏っていることを「色かぶり」といいます。色かぶりとは、光源の色の違いにより起こる現象です。そのため、光の3原色である「 RGB 」のバランスを整えれば、元の印象に戻すことができます。その原因と補正方法を学びましょう。
続きを読む
これで解決!スポーツカーの色はこうやって変える!「色相・彩度の使い方」【2024】

これで解決!スポーツカーの色はこうやって変える!「色相・彩度の使い方」【2024】

【Photoshop講座】「色相・彩度」を使えば、色は簡単に変えることができます。しかし、白色や黒色への変換に、苦戦している人も多いのではないでしょうか? 色の見え方には、色相、彩度、明度という、色の三属性が深く関係しています。それぞれの特性を理解すれば、効率的で違和感のない色変換が行えます。これで解決!
続きを読む
写真をイラスト調に!ペーパークラフト生成AI「生成塗りつぶしの活用方法」【2023ベータ版】

写真をイラスト調に!ペーパークラフト生成AI「生成塗りつぶしの活用方法」【2024ベータ版】

【Photoshop講座】Photoshop (Beta) の新機能「生成塗りつぶし」を使って、人物の写真をペーパークラフト風に加工する方法です。ここでは、選択範囲の不透明度に着目して、画像生成の適用量をコントロールします。クイックマスクには、塗りつぶしカラーの明度によって、選択率を変えられる機能があります。これを活用しましょう。このレッスンでは、Ver.25.0.0 を使用しています。
続きを読む
これで解決!逆光で暗くなった影はこうやって直す!「HDRトーン」【2023】

これで解決!逆光で暗くなった影はこうやって直す!「HDRトーン」【2023】

【Photoshop基本操作】調整量が大きくなると、通常の色調補正ツールでは、どうしても、仕上がりに違和感が出ました。[ HDR トーン ] を活用すれば、明るい部分を維持しながら、暗い部分を明るくする調整が行えます。逆光で暗くなった影を、より自然に明るく補正しましょう。
続きを読む
これで解決!室内撮影の色かぶりはこうやって直す!「ホワイトバランスと色温度」【2023】

これで解決!室内撮影の色かぶりはこうやって直す!「ホワイトバランスと色温度」【2023】

【Photoshop基本操作】色かぶりとは、光源の色の違いにより起こる現象です。室内撮影では、暗いオレンジ色になることも多いです。色かぶりの除去は、まず、ホワイトバランスを自動で整える機能を利用します。そして、素材に合わせた、適切な調整を行いましょう。
続きを読む