画像合成」タグアーカイブ

【Dimension】最初に覚えたい!基本操作10選「3DCGでモックアップをつくる」

【Dimension】最初に覚えたい!基本操作10選「3DCGでモックアップをつくる」

【Dimension基本操作】「 Dimension 」を簡単に言えば、立体物に画像を貼り付けるソフトです。3DCG のしくみや、操作がイマイチわからないというユーザーにとっては、取り組みやすいツールだと思います。最初に覚えたい基本操作を10項目に絞って、ひとつのモックアップ作品を作成してみましょう。新機能は Substance 3D に移行される予定
続きを読む
パッケージデザインをモックアップに貼る方法「消点 (Vanishing Point) の使い方」

パッケージデザインをモックアップに貼る方法「消点 (Vanishing Point) の使い方」

【Photoshop基本操作】立方体のはめ込み合成は、[ 消点 ] を使います。でも、操作がちょっと難しいですね。コピペと新規レイヤー。この要点だけを押さえておけば大丈夫。初級ユーザーの方でも、プロ並のモックアップを完成させることができます。スクリューキャップの牛乳パックに、デザインをはめ込み合成しましょう。旧コマンド名 : Vanishing Point (バニシングポイント)
続きを読む
【画像の合成】背景に馴染む切り抜き合成「露光量とカラーバランスの調整」

【画像の合成】背景に馴染む切り抜き合成「露光量とカラーバランスの調整」

【Photoshop基本操作】画像を切り抜き合成すると、カラーに違和感が出ます。夜の街並みとスタジオ撮影された人物では、その差は、ますます大きくなります。カラーの同調には、直感的な操作ができる、露光量とカラーバランスを中心に組み立てます。切り抜き合成のカラーを背景に馴染ませましょう。
続きを読む
【画像の変形】円筒形の缶にラベルを貼る方法「円柱ワープの変形と合成」【2022】

【画像の変形】円筒形の缶にラベルを貼る方法「円柱ワープの変形と合成」【2022】

【Photoshop基本操作】バージョン 2022 (23.4) から、円柱ワープが追加されました。これは、パッケージデザイナー待望の機能です。円筒形に合わせた、画像の変形が簡単にできます。しかし、貼り付ける形状に、パースがついていると、難しいですね。そんなときは、遠近法の変形を組み合わせます。計画的な操作で、缶コーヒーにラベルを貼り付けましょう。
続きを読む
基本がわかる!髪の毛の切り抜き「選択とマスクの使い方」

基本がわかる!髪の毛の切り抜き「選択とマスクの使い方」【2022】

【Photoshop基本操作】コレだけで、いいんじゃない? って思うほど簡単な「被写体を選択」は、人工知能が自動的に作成してくれるゴキゲンな機能です。しかし、思うように選択してくれない場合だってあります。そんなときは、「選択とマスク」を活用しましょう。正しいアプローチで望めば、きっと威力を発揮できるハズです。
続きを読む