画像合成」タグアーカイブ

これで解決!切り抜きの白フチはこうやって取る!「明るさの最小値」

これで解決!切り抜きの白フチはこうやって取る!「明るさの最小値」【2023】

【Photoshop基本操作】オブジェクトの切り抜きでは、境界線に白フチや黒フチが残ることがよくあります。これは、元画像の背景の色や明るさが境界線に残っているためです。[ 明るさの最小値 ] とは、境界線を収縮する機能です。現在のピクセルの明るさを調整して、黒い領域を広げ、白い領域を縮小します。
続きを読む
冴えない写真から玉ボケをつくる方法「ぼかしギャラリーの効果」

冴えない写真から玉ボケをつくる方法「ぼかしギャラリーの効果・抽象イメージ」

【Photoshop講座】玉ボケとは、ピントがあっていない、夜景写真などで見られる、ふわふわした丸い光の玉です。これをファンタジックな効果として使うと、面白い作品ができそうですね。冴えない写真から玉ボケを発生させて、抽象的なイメージを作成しましょう。
続きを読む
【Dimension】最初に覚えたい!基本操作10選「3DCGでモックアップをつくる」

【Dimension】最初に覚えたい!基本操作10選「3DCGでモックアップをつくる」

【Dimension基本操作】「 Dimension 」を簡単に言えば、立体物に画像を貼り付けるソフトです。3DCG のしくみや、操作がイマイチわからないというユーザーにとっては、取り組みやすいツールだと思います。最初に覚えたい基本操作を10項目に絞って、ひとつのモックアップ作品を作成してみましょう。新機能は Substance 3D に移行される予定
続きを読む
パッケージデザインをモックアップに貼る方法「消点 (Vanishing Point) の使い方」

パッケージデザインをモックアップに貼る方法「消点 (Vanishing Point) の使い方」

【Photoshop基本操作】立方体のはめ込み合成は、[ 消点 ] を使います。でも、操作がちょっと難しいですね。コピペと新規レイヤー。この要点だけを押さえておけば大丈夫。初級ユーザーの方でも、プロ並のモックアップを完成させることができます。スクリューキャップの牛乳パックに、デザインをはめ込み合成しましょう。旧コマンド名 : Vanishing Point (バニシングポイント)
続きを読む
【画像の合成】背景に馴染む切り抜き合成「露光量とカラーバランスの調整」

【画像の合成】背景に馴染む切り抜き合成「露光量とカラーバランスの調整」

【Photoshop基本操作】画像を切り抜き合成すると、カラーに違和感が出ます。夜の街並みとスタジオ撮影された人物では、その差は、ますます大きくなります。カラーの同調には、直感的な操作ができる、露光量とカラーバランスを中心に組み立てます。切り抜き合成のカラーを背景に馴染ませましょう。
続きを読む