おしゃれ」タグアーカイブ

冴えない写真から玉ボケをつくる方法「ぼかしギャラリーの効果」

冴えない写真から玉ボケをつくる方法「ぼかしギャラリーの効果・抽象イメージ」

【Photoshop講座】玉ボケとは、ピントがあっていない、夜景写真などで見られる、ふわふわした丸い光の玉です。これをファンタジックな効果として使うと、面白い作品ができそうですね。冴えない写真から玉ボケを発生させて、抽象的なイメージを作成しましょう。
続きを読む
おしゃれな写真に!色あせたビンテージ風の加工「Camera Raw と Lightroom」【2022】

おしゃれな写真に!色あせたビンテージ風の加工「Camera Raw と Lightroom」

【Photoshop講座】画像に青みを加えると、肌色の生命感がなくなります。明るい部分に黄みを加えると、それはどんどん濁っていきます。ビンテージ風の加工は、赤みの関わり方が難しいですね。Camera Raw を使用して、色あせた写真プリントのような効果を再現しましょう。
続きを読む
RGBをずらす!アナグリフ3D風の効果「立体写真の技法・モノクロ編」【2022】

RGBをずらす!アナグリフ3D風の効果「立体写真の技法・モノクロ編」

【Photoshop講座】アナグリフとは、特殊なメガネを通して、立体的に見える写真や映像の技法です。赤と青のフィルターによって、両眼の視差を応用するため、左右に色ズレを起こしているのが特徴です。RGBカラーモードのチャンネルを操作して、カラー写真をモノクロの、アナグリフ3D風に加工しましょう。
続きを読む
【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方「レンズ補正でディープとダークを両立」

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により、画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせたレトロな効果があります。彩度を濃くする「ディープ」。明度を暗くする「ダーク」。2種類の調整を両立させて、自然なビネット効果を作成しましょう。
続きを読む
写真をイラスト調に!鉛筆で描いたスケッチ風

写真をイラスト調に!鉛筆で描いたスケッチ風

【Photoshop講座】写真をイラスト調にするポピュラーな手法として、スケッチ風があります。しかし、思うような効果が出ないことも多いですよね? その原因のひとつは、用紙の風合いです。鉛筆のタッチは、用紙の質感によって擦れるので、それがないと、違和感を感じるワケです。写真を鉛筆で描いた、スケッチ風に加工しましょう。
続きを読む