DTP・印刷」カテゴリーアーカイブ

【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【Photoshop基本操作】CMYK カラーモード変換で失われた鮮やかな色は、RGB カラーモード変換だけでは再現できません。補正で彩度を高めようとすると、引き換えにコントラストが弱くなってしまい、思うような仕上がりに近付けるには大変苦戦します。そんなときは、Lab カラーモードを試してみましょう。今までの悩みが一気に解消できるかも?

続きを読む

【プリントサイズ】ディスプレイ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【プリントサイズ】ディスプレイ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【Photoshop基本操作】名刺やハガキなどの印刷物を作成するとき、パソコンのディスプレイ (モニタ) に実物の大きさを表示して確認することが必要です。Photoshop の [表示] メニューには、実物の大きさを表示できる [プリントサイズ] がありますが、選択しても同じ大きさにならないので、使用することをあきらめている方も多いのではないでしょうか? Photoshop の [スクリーン解像度] を調整して、ディスプレイ表示を「実物大」や「原寸大」といった、同じ大きさにすることを目指しましょう。

続きを読む

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【Photoshop基本操作】CMYK の4色から2色を選んで調整する「2色刷り」は、印刷コストを大幅に抑える技法として、古くから商業印刷の分野で行われています。Photoshop での色分解は、[チャンネルミキサー] を使って、CMYK の各チャンネルを調整します。

続きを読む

【色の校正】CMYK変換で再現できない色を確認する方法【色域外警告】

【色の校正】CMYK変換で再現できない色を確認する方法【色域外警告】

【Photoshop基本操作】CMYK カラーモード変換で失われた鮮やかな色は、RGB カラーモード変換だけでは再現できません。補正で彩度を高めようとすると、引き換えにコントラストが弱くなってしまい、思うような仕上がりに近付けるには大変苦戦します。そんなときは、Lab カラーモードを試してみましょう。今までの悩みが一気に解消できるかも?

続きを読む

【カラー設定】どうする?埋め込まれたプロファイルの不一致【カラーマネジメント】

【カラー設定】どうする?埋め込まれたプロファイルの不一致【カラーマネジメント】

【Photoshop基本操作】画像を開くと表示されるアラート [埋め込まれたプロファイルの不一致]。そのまま [OK] していませんか? 初期設定では、その画像に含まれる埋め込みプロファイルを使用することが選択されていますが、色が合わないトラブルに発展する危険性も持っています。

続きを読む

【ドキュメントの保存】EPS形式で失敗しないオススメ設定【EPSオプション】

【ドキュメントの保存】EPS形式で失敗しないオススメ設定【EPSオプション】

【Photoshop基本操作】EPS 形式とは、ポストスクリプトプリンターで出力することを前提とした、主に印刷用の「古い伝統的」なファイル形式です。ドキュメントを保存するときに現れる [EPS オプション] は、DTP アプリケーションや出力先などの作業を円滑に進めるための設定なので、ここを改善して大きくなりがちなファイルサイズを小さくしましょう。

続きを読む

トラブルを未然に防ぐ!カラー設定10選

トラブルを未然に防ぐ!カラー設定10選

【Photoshop基本操作】ディスプレイに表示される画像の「色が合わない」のは、カラー設定が間違っているからです。しかし、それがディスプレイのせいなのか? ファイルのせいなのか? Photoshop のせいなのか? 原因を突き止めるのは難しいですね。さまざまな方向から、カラー設定を見直してみましょう。

続きを読む

基本がわかる!RGBとCMYK

基本がわかる!RGBとCMYK

【Photoshop基本操作】パソコンのディスプレイから発する色に、疑問を抱いたことはありませんか? 電源をオフにしてみてください。それまで黒だと信じていた色は、実はディスプレイの生の色だったのです。色ってなんだろう? この素朴な疑問から、デジタル画像の攻略は始まるのです。

続きを読む