Camera Raw」タグアーカイブ

写真をイラスト調に!ポップアート生成AI「生成塗りつぶしの活用方法」【2023ベータ版】

写真をイラスト調に!ポップアート生成AI「生成塗りつぶしの活用方法」【2024ベータ版】

【Photoshop講座】Photoshop (Beta) の新機能「生成塗りつぶし」を使って、人物の写真をポップアート風に加工する方法です。「ポップアート」とは、写真やコミックといった商業ベースの素材を扱った現代芸術です。ここでは、「スマートフォンを見て驚く女性」をテーマに、躍動感や色彩を重視して、さまざまな画像生成を試してみましょう。このレッスンでは、Ver.25.0.0 を使用しています。
続きを読む
写真を絵画調に!油絵の肖像画「大胆なタッチと重厚な色彩」【2023】

写真を絵画調に!油絵の肖像画「大胆なタッチと重厚な色彩」【2023】

【Photoshop講座】まるで、ゴッホが描いたような、大胆なタッチが作成できる [ 油彩 ] を活用して、写真の人物を、油絵の肖像画風に、加工する方法をご紹介しましょう。
続きを読む
これで解決!室内撮影の色かぶりはこうやって直す!「ホワイトバランスと色温度」【2023】

これで解決!室内撮影の色かぶりはこうやって直す!「ホワイトバランスと色温度」【2023】

【Photoshop基本操作】色かぶりとは、光源の色の違いにより起こる現象です。室内撮影では、暗いオレンジ色になることも多いです。色かぶりの除去は、まず、ホワイトバランスを自動で整える機能を利用します。そして、素材に合わせた、適切な調整を行いましょう。
続きを読む
風景写真をミニチュア化する方法「被写界深度を擬似的にコントロール」

風景写真をミニチュア化する方法「被写界深度を擬似的にコントロール」

【Photoshop講座】風景写真をミニチュア化するポイントは、すっきりした明瞭な印象と、被写界深度の浅さです。被写界深度の浅さは、画像の周辺をぼかすことで表します。「虹彩絞りぼかし」と「チルトシフト」を同時に適用して、擬似的な遠近感を調整しましょう。パラメータだけの操作でカンタン!
続きを読む
写真をイラスト調に!風刺の効いたカリカチュア風「面白い似顔絵の効果」

写真をイラスト調に!風刺の効いたカリカチュア風「面白い似顔絵の効果」【2022】

【Photoshop講座】カリカチュアとは、人物の性格や特徴を誇張した、似顔絵の技法です。このレッスンでは、人物の写真を2頭身化して、イラスト調に仕上げます。デフォルメする部分をひとつに絞って、風刺の効いた似顔絵風に加工しましょう。パラメータだけの操作でカンタン!
続きを読む