基本がわかる!レイヤーの使い方

基本がわかる!レイヤーの使い方

【Photoshop基本操作】レイヤーは、Photoshop の中心的な役割を果たす大変重要な機能です。オブジェクトの配置を自由に移動できるほか、レイヤー同士を透かしたり混ぜ合わせてみたり、さまざまな方法で表現できる描画モードを持っています。まずは [レイヤー] パネルの基本的な操作を知ることから始めましょう。
続きを読む
写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

【Photoshop講座】写真ではわかりにくい部分を精密に描き出す「テクニカル・イラストレーション」は、自動車や家電製品などの技術的な情報を、視覚的に伝達するための技法です。クルマ好きを唸らせるポイントは、シャープな陰影と克明なディテールです。写真の生っぽさを消し、エアブラシで描かれたような精悍なタッチで仕上げましょう。
続きを読む
写真をイラスト調に!コミック風のハーフトーン加工

写真をイラスト調に!コミック風のハーフトーン加工

【Photoshop講座】イラストや漫画などに用いられるハーフトーンを合成して、ビートルの写真をオシャレでポップなコミック風に加工しましょう。
続きを読む
基本がわかる!グラデーションの作り方

基本がわかる!グラデーションの作り方

【Photoshop基本操作】グラデーションとは、明るさや色の滑らかな変化です。ドラッグした距離でグラデーションを描画する [グラデーションツール] は、単にグラデーションを敷きつめるだけの役割でなく、選択範囲やマスクの作成など、さまざまな場面で活用される万能ツールです。
続きを読む
【トリミング】足りない領域を一瞬で伸ばす方法【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【トリミング】足りない領域を一瞬で伸ばす方法【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【Photoshop基本操作】たとえば、主体と被らずにタイトルやロゴを配置したい場合、背景に「もう少し余裕が欲しい」と思うことがよくあります。このような素材画像の足りない領域を、水平方向、または垂直方向に違和感なく伸ばすことができる [コンテンツに応じて拡大・縮小] について学びましょう。
続きを読む
写真を加工する!モノクロ画像のカラー化

写真を加工する!モノクロ画像のカラー化

【Photoshop講座】モノクロ画像を着色するのは面倒ですね。上塗りした違和感を消すのも一苦労です。機械学習テクノロジーを使用した [カラー化] を使用すれば、驚くほどカンタンに解決できます。
続きを読む
写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

【Photoshop講座】「テンペラ」とは、ルネッサンス期の壁画などに多く用いられた、 古典的な西洋絵画の技法です。 石膏を塗った板に、顔料と卵黄を混ぜ合わせて描くもので、 写実的で筆のタッチがあまり見られないのが特徴です。 テンペラ画の重厚な色調と、絵の具のひび割れ模様を演出してみましょう。
続きを読む
【自動処理】複数ページの PDF を作成する方法【PDF スライドショー】

【自動処理】複数ページの PDF を作成する方法【PDF スライドショー】

【Photoshop基本操作】[PDF スライドショー] には、複数のページ (画像) を、ひとつの PDF ファイルにまとめる機能が含まれています。PDF の作成は、Acrobat などの専用ツールを使用する方がポピュラーですが、Photoshop で一括した作業を行いたい場合は重宝します。
続きを読む
【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキの立体文字

【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキの立体文字

【Photoshop講座】乗用車などに取り付けられた「メッキのエンブレム」は、カタログやポスターでもグラフィック化され、製品のイメージを伝える重要な役割を果たしています。その材質や質感を損なうことなくアレンジするテクニックは、デザイナーならマスターしておきたいですね。リアルな金属メッキの光沢感を表現しましょう。
続きを読む
【自動処理】複数の画像にウォーターマークを入れる方法【プラグイン】

【自動処理】複数の画像にウォーターマークを入れる方法【プラグイン】

【Photoshop基本操作】ウォーターマークとは、画像や動画に入れる著作権表示などの情報です。語源は「水滴のあと」で、紙の透かしを指すことから、半透明の技法が多く用いられています。Adobe Creative Cloud から提供されているプラグインを使って、複数の画像にウォーターマークを入れましょう。
続きを読む