【Dimension】最初に覚えたい!基本操作10選【3DCG】

【Dimension】最初に覚えたい!基本操作10選【3DCG】

SELECT_07

太陽を設定する

3DCG の重要な要素に「光源」があります。これがなければ陰影は生まれず、立体的な効果が望めません。Dimension では、[太陽] と [環境光] という2つの光源があり、[太陽] は反射する光の量がいちばん多い部分に影響し、[環境光] は反射する光の大部分を占める部分に影響します。まずはドロップシャドウをつくる [太陽] を設定してみましょう。
[環境] の初期設定 → [太陽] を設定する

ドロップシャドウの設定

[シーン] パネルで、[環境] – [太陽] を選択します。
[環境] - [太陽] を選択

[環境] – [太陽] を選択
[プロパティ] パネルを展開します。すると、光源の位置や強さがデフォルト設定されています。
[プロパティ] パネルを展開

[プロパティ] パネルを展開
[太陽] の設定項目は?
[強度] は光源の強さで、初期値は「100%」。[曇り具合] はドロップシャドウの境界をぼかす度合で、初期値は「0」。[高さ] は光源の角度で、初期値は「90°」。[回転] は光源の角度で、初期値は「0°」です。
[太陽] の [カラー] を設定

[太陽] の [カラー] を設定
[太陽] の [カラー] は、初期設定では無効とされています。無効の場合は、自動的にホワイトが適用されるので、一般的には、[カラー] のチェックマークを外しておきましょう。
[回転] に「160°」、[高さ] に [45°]、[曇り具合] に「50%」を設定します。
[プロパティ] パネルを設定

[プロパティ] パネルを設定
[環境] – [太陽] で、大きく伸びたドロップシャドウが設定できました。
ドロップシャドウが設定できた

ドロップシャドウが設定できた
[環境] の初期設定を確認!
Dimension では、レンダリング時に反映させる陰影の効果を、[シーン] パネルの [環境] で、まとめて行うように設計されています。いちばん重要な設定ですね。まずは、その初期設定の概要を知っておきましょう。
[環境] を選択

[環境] を選択
[グローバルライティング] は、[環境光] と [太陽] の親にあたるもので、[グローバルの強さ] は、2つの光源の適用率、[グローバルの回転] は、2つの光源の角度をまとめて調整できます。
[グローバルライティング] と [グランドプレーン]

[グローバルライティング] と [グランドプレーン]
[グランドプレーン] は、接地面に対する光源の影響を調整するもので、[シャドウの不透明度] は、2つの光源によって落とす影の暗さ、[反射の不透明度] は、2つの光源によって反射される鏡像の明るさ、[反射の粗さ] は、鏡像が拡散する適用率をまとめて調整できます。
レンダリングをプレビュー!
[デザイン] モードで、レンダリング結果を確認したい場合は、[ウィンドウ] メニューから、[レンダリングプレビューを表示 / 非表示] を選択、または、オプションバーで、[レンダリングプレビューを表示 / 非表示] をクリックします。
[プレビュー設定] で精度を調整

[プレビュー設定] で精度を調整
[プレビュー設定] の [解像度] では、レンダリングの精度を [フル]、[1/2]、[1/4] の3段階で調整できます。いちばん早いのは [1/4] ですが、レンダリングの精度は落ちます。

スポンサード リンク