【Dimension】最初に覚えたい!基本操作10選【3DCG】

【Dimension】最初に覚えたい!基本操作10選【3DCG】

【Dimension基本操作】「Dimension CC」を簡単に言えば、立体物に画像を貼り付けるソフト。3DCG のしくみや操作がイマイチわからないというユーザーにとっては、取り組みやすいツールだと思います。最初に覚えたい基本操作を10項目に絞って、ひとつのモックアップ作品を作成してみましょう。


オブジェクトを正面で捉える!
一般的な 3DCG ソフトは、固定したモデルに対して、カメラ側の向きを変えるものです。背景との構図を決める作業も大変です。「Dimension CC」は、レンダリング後の合成 (二次元画像) を主な用途としているところが大きな特徴です。オブジェクトを正面で捉えて、Photoshop 上で位置を編集する方がカンタンですね。
SELECT_01

別の3Dモデルを読み込む

「Adobe Stock」などのフリー 3D モデル素材を「Dimension CC」に読み込む方法です。作例で使用している「コーヒー用のフタ付きドリンクカップ」は「Adobe Stock」で取得できます。まずは素材をダウンロードしましょう。
新規プロジェクトを作成→別の3Dモデルを読み込む
【操作方法】
新規プロジェクトを作成します。起動画面で [新規プロジェクトを作成] をクリックします。すると、新しいプロジェクトが表示されます。
[新規プロジェクトを作成] をクリック

[新規プロジェクトを作成] をクリック
新しいプロジェクトが表示される

新しいプロジェクトが表示される
主な機能のガイドツアーを表示!
「Dimension CC」を起動すると、起動画面が表示されます。[ツアーを開始] をクリックすると、基本的な操作がアニメーションで確認できるので、これにざっと目を通しておくと、より理解が深められるでしょう。
[新規プロジェクトを作成]をクリック

[新規プロジェクトを作成] をクリック
[ファイル] メニューから、[読み込み] → [3D モデル] を選択、または [command (Ctrl)] + [I] キーを押して、3D モデルを読み込むダイアログを表示します。
[3D モデル] を選択

[3D モデル] を選択
3D モデルを読み込むダイアログで、「Adobe Stock」で取得した 3D モデルのファイル「coffee_withHolder.obj」を選択して、[開く] をクリックします。
OBJ 形式のファイルを選択

OBJ 形式のファイルを選択
対応するファイル形式は?
「Dimension CC」が読み込める 3D モデルのファイル形式は、「Wavefront OBJ (.obj)」です。その他の対応ファイル形式は、グラフィックが「.jpg」、「.png」、「.psd」。マテリアルが「.mdl」。ライトが「.hdri」、「.exr」、「.ibl」です。
読み込んだ 3D モデルが、カンバスの中央に配置されます。
読み込んだ 3D モデルが配置される

読み込んだ 3D モデルが配置される
アセットから配置するには?
[アセット] パネルで、3D モデルをクリック、またはカンバスにドラッグして、好きな場所に配置することができます。
[アセット] パネルで 3D モデルをカンバスにドラッグ

[アセット] パネルで 3D モデルをカンバスにドラッグ

スポンサード リンク