透明ピクセル」タグアーカイブ

【トリミング】足りない領域を一瞬で伸ばす方法「パース編」【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【トリミング】足りない領域を一瞬で伸ばす方法「パース編」【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【Photoshop基本操作】背景にもう少し余裕が欲しい場合、無敵の AI 機能 [コンテンツに応じて拡大・縮小] を使えば、違和感なく、一瞬で伸ばすことができます。しかし、遠近感のある構図では、パースに段差が発生したり、偏った変形が加わったり、なかなか思うようにできません。そんなときは、画面を分割して、それぞれ個別に適用してみましょう。
続きを読む
【画像合成】背景が透ける切り抜きグラスの合成方法【描画モード】

【画像の合成】背景が透ける切り抜きグラスの合成方法【描画モード】

【Photoshop基本操作】画像にワイングラスを合成するには、不透明度で「半調」にしてはダメです。これじゃ幽霊みたいになってします ( 笑 )。ガラスのくっきりした質感は、エッジの濃い部分と、光沢や映り込みの明るい部分を残しながら、背景が透けて見えるように調整しなければなりません。描画モードの [ 乗算 ] と [ スクリーン ] を活用してみましょう。
続きを読む
【レタッチ】写っちゃったモノをなかったように消す方法【コンテンツに応じた塗りつぶし】

【レタッチ】写っちゃったモノをなかったように消す方法【コンテンツに応じた塗りつぶし】

【Photoshop基本操作】キズやゴミのような画像修復には、通称「コンじる」が威力を発揮します。その「コンじるファミリー」の集大成というべき機能が [ コンテンツに応じた塗りつぶし ] です。細部の修正はもちろん、広範囲をごっそり穴埋めできるので、いろんな用途に使えますね。写っちゃったモノをなかったように消してみましょう。
続きを読む
【トリミング】足りない領域を一瞬で伸ばす方法「水平線編」【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【トリミング】足りない領域を一瞬で伸ばす方法「水平線編」【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【Photoshop基本操作】たとえば、主体と被らずにタイトルやロゴを配置したい場合、背景に「もう少し余裕が欲しい」と思うことがよくあります。このような素材画像の足りない領域を、水平方向、または、垂直方向に違和感なく伸ばすことができる [ コンテンツに応じて拡大・縮小 ] について学びましょう。
続きを読む
【トリミング】切り抜きサイズを指定する方法【切り抜きツール】

【トリミング】切り抜きサイズを指定する方法【切り抜きツール】

【Photoshop基本操作】SNS 用のプロフィール画像など、Web 上で使用する画像は、あらかじめ、画像サイズ ( 仕上げ寸法 ) が指定されていることがあります。必要な部分だけをトリミングしながら、ピクセル数をぴったり合わせることって、意外に難しいですよね。切り抜きサイズの比率をキープしながら、トリミング領域が自由に操作できる方法をご紹介しましょう。
続きを読む