【テクスチャ】ゼロからつくる!放射状に広がる光

【テクスチャ】ゼロからつくる!放射状に広がる光

光の粒をつくる

2つのフィルターを組み合わせて、星のように散らばるランダムな [ 光の粒 ] を作成します。再編集ができるように、スマートオブジェクトに適用します。
[ ステンドグラス ] を適用 ( 部分 ) → [ スタンプ ] を適用 ( 部分 )
[ レイヤー ] パネルで、[ 新規レイヤーを作成 ] をクリックして、[ レイヤー 2 ] を作成します。
[ 新規レイヤーを作成 ] をクリック
[ 新規レイヤーを作成 ] をクリック
[ 編集 ] メニューから、[ 塗りつぶし ] を選択します。[ 塗りつぶし ] ダイアログで、[ 内容 ] に [ ホワイト ] を選択して、[ OK ] をクリックします。
[ 塗りつぶし ] ダイアログを設定
[ 塗りつぶし ] ダイアログを設定
[ フィルター ] メニューから、[ スマートフィルター用に変換 ] を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトを活用!
スマートオブジェクトは、ピクセルを含まない透明のレイヤーでも変換することができますが、フィルター適用が目的の場合は、元のピクセルに対して効果をつけるため、あらかじめ、レイヤーを塗りつぶしておきます。

ステンドグラスの設定

[ ツール ] パネルで、[ 描画色と背景色を初期設定に戻す ] をクリックして、描画色にブラック、背景色にホワイトを設定します。
[ 描画色と背景色を初期設定に戻す ] をクリック
[ 描画色と背景色を初期設定に戻す ] をクリック
フィルターを適用する前に!
これから使用するフィルターは、描画色と背景色が反映されます。作例と同じ結果を得るには、あらかじめ、[ 描画色と背景色を初期設定に戻す ] をクリックして、描画色にブラック、背景色にホワイトを設定してください。
[ フィルター ] メニューから、[ フィルターギャラリー ] を選択します。[ フィルターギャラリー ] 操作パネルで、[ テクスチャ ] – [ ステンドグラス ] を選択します。
[ ステンドグラス ] を選択
[ ステンドグラス ] を選択
[ ステンドグラス ] ダイアログで、[ セルの大きさ ] に [ 19 ]、[ 境界線の太さ ] に [ 20 ]、[ 明るさの強さ ] に [ 3 ] を入力します。引き続き別のフィルターを適用するので、[ OK ] はクリックしません。
[ ステンドグラス ] ダイアログを設定
[ ステンドグラス ] ダイアログを設定
ホワイトで塗りつぶした [ レイヤー 2 ] から、ランダムな編み目模様を作成することができました。
ホワイトで塗りつぶし ( 部分 ) → [ ステンドグラス ] を適用 ( 部分 )
編み目模様を作成する!
[ ステンドグラス ] の初期設定値は、[ セルの大きさ : 10 ]、[ 境界線の太さ : 4 ]、[ 明るさの強さ : 3 ] です。[ セルの大きさ ] は、ステンドグラス模様の密度を調整するもので、設定値が大きくなるほど、セル ( 面 ) が大きくなります。
[ ステンドグラス ] の初期設定
[ ステンドグラス ] の初期設定
[ 境界線の太さ ] は、ステンドグラス模様の線の太さを調整するもので、設定値が大きくなるほど、線が太くなります。ステンドグラス模様の線は、現在設定されている描画色が反映されます。
[ 明るさの強さ ] は、画像の中心に光る効果の強さを調整するもので、設定値が大きくなるほど、光る効果が強くなります。セル ( 面 ) の明度が MAX 値の場合 ( 適用する画像が白で塗りつぶされたものなど ) は、どの設定値に調整しても効果は現れません。

スタンプの設定

[ フィルターギャラリー ] 操作パネルで、[ 新しいエフェクトレイヤー ] をクリックして、[ ステンドグラス ] を複製します。
[ 新しいエフェクトレイヤー ] をクリック
[ 新しいエフェクトレイヤー ] をクリック
[ スケッチ ] – [ スタンプ ] を選択します。
[ スタンプ ] を選択
[ スタンプ ] を選択
[ スタンプ ] ダイアログで、[ 明るさ・暗さのバランス ] に [ 25 ]、[ 滑らかさ ] に [ 25 ] を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ スタンプ ] ダイアログを設定
[ スタンプ ] ダイアログを設定
[ ステンドグラス ] で作成した編み目模様の角を丸くして、ランダムな粒状にすることができました。
[ ステンドグラス ] を適用 ( 部分 ) → [ スタンプ ] を適用 ( 部分 )
角を丸めて粒状にする!
[ スタンプ ] の初期設定は、[ 明るさ・暗さのバランス : 25 ]、[ 滑らかさ : 5 ] です。[ 明るさ・暗さのバランス ] は、適用画像の明るい部分と暗い部分を分ける境界線を調整するもので、設定値を中間値の [ 25 ] から小さくすると明るい領域が増え、大きくすると暗い領域が増えます。
[ スタンプ ] の初期設定
[ スタンプ ] の初期設定
[ 滑らかさ ] は、明るい領域と暗い領域を分ける境界線を滑らかにするもので、設定値が大きくなるほど滑らかになります。
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク