ノイズを軽減」タグアーカイブ

風景写真をミニチュア化する方法「被写界深度を擬似的にコントロール」

風景写真をミニチュア化する方法「被写界深度を擬似的にコントロール」

【Photoshop講座】風景写真をミニチュア化するポイントは、すっきりした明瞭な印象と、被写界深度の浅さです。被写界深度の浅さは、画像の周辺をぼかすことで表します。「虹彩絞りぼかし」と「チルトシフト」を同時に適用して、擬似的な遠近感を調整しましょう。パラメータだけの操作でカンタン!
続きを読む
写真をイラスト調に!風刺の効いたカリカチュア風「面白い似顔絵の効果」

写真をイラスト調に!風刺の効いたカリカチュア風「面白い似顔絵の効果」

【Photoshop講座】カリカチュアとは、人物の性格や特徴を誇張した、似顔絵の技法です。このレッスンでは、人物の写真を2頭身化して、イラスト調に仕上げます。デフォルメする部分をひとつに絞って、風刺の効いた似顔絵風に加工しましょう。パラメータだけの操作でカンタン!
続きを読む
【レタッチ】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法「Camera Raw と Lightroom」【2022】

【レタッチ】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法「Camera Raw と Lightroom」

【Photoshop講座】ノイズを軽減するしくみは、いたってシンプルです。ピクセルをブレンドして、目立たなくするものです。しかし、やりすぎると画像がぼやけます。そのため、適度で控えめな、設定値を探ることが重要です。Camera Raw を使用して、画像に発生した高感度ノイズを軽減しましょう。
続きを読む
【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【Photoshop基本操作】画像の解像度を上げる作業を「アップサンプリング」といいます。ここで使用する機能の [ ディテールを保持 2.0 ] は、Photoshop CC 2018 から追加された、ピクセル情報の補間方法です。人工知能によるアルゴリズムで画質の劣化を抑え、ジャギーのない滑らかな輪郭が再現できます。
続きを読む
写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風「ノイズのないフラット面とシャープを両立させる」

【Photoshop講座】写真ではわかりにくい部分を精密に描き出す「テクニカル・イラストレーション」は、自動車や家電製品などの技術的な情報を、視覚的に伝達するための技法です。クルマ好きを唸らせるポイントは、シャープな陰影と克明なディテール。写真の生っぽさを消して、エアブラシで描かれたような精悍なタッチで仕上げましょう。
続きを読む