写真をイラスト調に!フェアリー風のステンシルアート

写真をイラスト調に!フェアリー風のステンシルアート

人物を切り抜く

スマートオブジェクトを編集して、人物の切り抜きを行いましょう。切り抜きからノイズの除去、コミック的なシルエットの隈取りまでを、スマートオブジェクト内で行う方法を取ります。
STEP 1 → 人物の切り抜きと隈取り

グループマスクの作成

複数のコンテンツに共通したマスクが必要なため、それらをひとつにまとめることができる新規グループを作成します。切り抜きから隈取りまで、一連の操作をスマートオブジェクト内で行います。
[ レイヤー ] パネルで、[ portrait ] をダブルクリックします。
[ portrait ] をダブルクリック
[ portrait ] をダブルクリック
すると、ビッグドキュメント形式の [ portrait.psb ] が開きます。素材画像は、[ 幅 : 1800 pixel ]、[ 高さ : 1800 pixel ]、 [ 解像度 : 300 pixel/inch ]、[ カラーモード : RGB カラー ] を使用しています。
ビッグドキュメント形式を確認
ビッグドキュメント形式を確認
photo by Pexels
[ 選択範囲 ] メニューから、[ 被写体を選択 ] を選択します。人物の領域に選択範囲が作成されました。
被写体を選択
被写体を選択
[ レイヤー ] パネルで、[ 新規グループを作成 ] をクリックします。
[ マスクを追加 ] をクリックします。
[ グループ 1 ] に、レイヤーマスクが追加されました。
レイヤーマスクを追加
レイヤーマスクを追加
中ヌキに注意!
選択範囲は大まかなものでかまいませんが、メガネなどの中ヌキ部分には注意してください。選択範囲を修正する場合は、[ なげなわツール ] などで、削除や追加を行ってください。
中ヌキ部分には注意!
中ヌキ部分には注意!
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】写真をイラスト調に!フェアリー風のステンシルアート【2021】
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

ノイズの除去

人物の基本的なディテールを保持させながら、その他の領域をフラットな印象にします。結果的には、「ノイズの除去」につながる操作になりますが、これはイラスト調にする簡略化の一環です。
[ レイヤー ] パネルで、[ portrait ] を選択します。
[ レイヤー ] メニューから、[ スマートオブジェクト ] – [ スマートオブジェクトに変換 ] を選択します。
スマートオブジェクトに変換
スマートオブジェクトに変換
[ フィルター ] メニューから、[ ぼかし ] – [ ぼかし (詳細) ] を選択します。[ ぼかし ( 詳細 ) ] ダイアログで、[ 半径 ] に「16.0」、[ しきい値 ] に「25.0」を入力します。[ OK ] をクリックします。
[ ぼかし ( 詳細 ) ] ダイアログを設定
[ ぼかし ( 詳細 ) ] ダイアログを設定
[ レイヤー ] パネルで、[ portrait ] を [ グループ 1 ] に、ドラッグ&ドロップして格納します。
[ グループ 1 ] に格納
[ グループ 1 ] に格納
人物を切り抜くことができました。
人物の切り抜きが完了
人物の切り抜きが完了

簡略化と2階調化

切り抜きの境界線を簡略化して、2階調化でハッキリさせます。[ 被写体を選択 ] で作成したマスクは、境界線の不透明度が自動設定されているため、これから操作する5階調化には不向きです。
被写体を選択で作成したマスク → 簡略化と2階調化
レイヤーマスクサムネールを、[ option ( Alt ) ] キーを押しながら、クリックします。
[ option ( Alt ) ] + クリック
[ option ( Alt ) ] + クリック
レイヤーマスクモードで、現在のマスクを確認してください。
レイヤーマスクモードに切り替える
レイヤーマスクモードに切り替える
[ フィルター ] メニューから、[ ぼかし ] – [ ぼかし (ガウス) ] を選択します。[ ぼかし ( ガウス ) ] ダイアログで、[ 半径 ] に「5.0」pixel を入力します。[ OK ] をクリックします。
[ ぼかし ( ガウス ) ] ダイアログを設定
[ ぼかし ( ガウス ) ] ダイアログを設定
[ イメージ ] メニューから、[ 色調補正 ] – [ 2階調化 ] を選択します。[ 2階調化 ] ダイアログで、[ 2階調化する境界のしきい値 ] に「128」を入力します。[ OK ] をクリックします。
[ 2階調化 ] ダイアログを設定
[ 2階調化 ] ダイアログを設定
[ レイヤー ] パネルで、[ グループ 1 ] を選択します。画像描画モードに切り替え
[ グループ 1 ] を選択
[ グループ 1 ] を選択
切り抜きの境界線を、簡略化する操作が完了しました。
簡略化する操作が完了
簡略化する操作が完了

シルエットの隈取り

人物のシルエットを強調するため、境界線を描画しておきましょう。グループに追加したレイヤーマスクは、レイヤーオブジェクトと同様の働きをするので、レイヤースタイルを追加することも可能です。
[ レイヤー ] パネルで、[ レイヤースタイルを追加 ] をクリックして、メニューから、[ 境界線 ] を選択します。
[ 境界線 ] を選択
[ 境界線 ] を選択
[ レイヤースタイル ] ダイアログを設定
[ レイヤースタイル ] ダイアログを設定
[ レイヤースタイル ] ダイアログで、[ 塗りつぶしタイプ ] に [ グラデーション ] を選択します。
[ グラデーション ] に [ 描画色から背景色 ] を選択します。
[ スタイル ] に [ シェイプバースト ] を選択します。
[ 塗りつぶしタイプ ] セクションを設定
[ 塗りつぶしタイプ ] セクションを設定
[ 構造 ] セクションの [ 位置 ] に [ 内側 ] を選択します。
[ 描画モード ] に [ 乗算 ] を選択します。
[ オーバープリント ] にチェックマークを入れます。
[ サイズ ] に「32」px を入力します。[ OK ] をクリックします。
[構造] セクションを設定
[ 構造 ] セクションを設定
人物のシルエットを、 隈取りする操作が完了しました。
隈取りする操作が完了
隈取りする操作が完了
隈取りの効果!
写真をイラスト調にするには、コミック的な力強い輪郭線が効果的です。単調な境界線を描くより、隈取りが優れている点は、元画像の階調にグラデーションを重ねているため、部分的に強弱、太細が表現できるところです。
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク