【自動処理】複数ページの PDF を作成する方法【PDF スライドショー】

【自動処理】複数ページの PDF を作成する方法【PDF スライドショー】

【Photoshop基本操作】[PDF スライドショー] には、複数のページ (画像) を、ひとつの PDF ファイルにまとめる機能が含まれています。PDF の作成は、Acrobat などの専用ツールを使用する方がポピュラーですが、Photoshop で一括した作業を行いたい場合は重宝します。
プリセットを理解する!
PDF ファイルの用途は多種多様です。たとえば、Web 環境での汎用性を求める場合もあれば、印刷出力での高品質を求める場合もあります。規格や互換性をクリアしなければならないし、RGB と CMYK カラーモードの違いなんかも大きな問題ですね。
[Adobe PDF プリセット] は、そんなややこしい設定を簡単にしてくれます。[PDF/X-4:2010] と [高品質印刷] を理解して、そこからのカスタマイズで、さまざまな用途をカバーしましょう。

複数ページの PDF を作成

これから行う操作は、複数のファイルからひとつの PDF ドキュメントを作成する方法です。作例では、最もシンプルでポピュラーな、JPEG 形式の画像ファイルを結合する PDF ドキュメントを作成します。
JPEG 画像をひとつの PDF にまとめる
JPEG 画像をひとつの PDF にまとめる
created by Peggy_Marco
対応できるソースファイルは、JPEG、PNG、TIFF、PSD などのラスターデータ、AI、EPS、SVG などのベクターデータです。ドキュメントサイズは不揃いでも可能ですが、見やすさを重視するなら、あらかじめ共通台紙に貼るなどして、大きさを統一しておきましょう。
PSD 形式 → AI 形式
Photoshop で一括した作業を行う立場からいうと、カラーモードやレイヤーに関する対応も気になるところですね。
PSD 形式AI 形式で保存されたファイルなら、RGB、CMYK カラーモードのアートワーク、レイヤーを含むドキュメントもオール OK です。ただし、透明部分は原則として白地に置き換えられます。基本的なドキュメントの解像度は、実物大 300 pixel 以上が目安です。

ソースファイルを開く

ここでは、閉じた複数のファイルから、ひとつにまとめた PDF ドキュメントを自動処理で作成する方法をとるため、現在、開いている画像や作業中のドキュメントはすべて閉じてください。
開いてるウィンドウをすべて閉じます。
開いてるウィンドウをすべて閉じる
開いてるウィンドウをすべて閉じる
素材画像は RGB!
作例で使用する素材画像は、印刷用のプルーフを想定し、A4 サイズ、300 pixel/inch で作成しています。
元画像は CMYK カラーモードで作成していますが、さまざまな条件で活用しやすくするため、RGB カラーモードに変換し、JPEG 形式で保存しています。
[ファイル] メニューから、[自動処理] → [PDF スライドショー] を選択します。
[PDF スライドショー] を選択
[PDF スライドショー] を選択
[PDF スライドショー] ダイアログで、[ソースファイル] セクションの [参照] をクリックします。
[参照] をクリック
[参照] をクリック
[開く] ダイアログで、対象のソースファイルを、[shift] キーを押しながらクリックして、すべて選択します。
対象のソースファイルが選択できたら、[開く] をクリックします。
対象のソースファイルを開く
対象のソースファイルを開く
[PDF スライドショー] ダイアログで、[ソースファイル] セクションのファイル名を確認します。
PDF スライドショーに含めるファイル
PDF スライドショーに含めるファイル
開いているファイルを追加!
PDF スライドショーに含めるファイルは、すでに開いているファイルを追加することもできます。[PDF スライドショー] ダイアログで、[ソースファイル] セクションの [開いているファイルを追加] にチェックマークを入れます。
すでに開いている画像 → [開いているファイルを追加] を有効
[名前順] をクリックすると、名前順でファイルリストを並べ替えます。任意の並べ替えは、ドラッグ&ドロップで行います。[削除] をクリックすると、リストから選択したファイルを削除します。[複製] をクリックすると、リストから選択したファイルを複製します。
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク