【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【Photoshop基本操作】文字の変形なんてカンタン! と思っていませんか? 素材画像のパースに合わせた変形は、フリーハンドで行うべきではありません。なぜなら、変形の違和感はもちろん、余白とのバランスがとても重要だからです。テキストレイヤーをアウトライン化して、遠近法に忠実な文字の変形を行いましょう。
画質を劣化させない変形!
テキストレイヤーの変形は、ラスター画像のような画質の劣化が現れません。したがって、[ ワープテキスト ] などで、直接変形を加えてしまいがちになりますが、思いどおりの結果にするには、かなりのテクニックと労力が必要です。いや、不可能と言ってもいいでしょう。
そこで活用するのが [ シェイプに変換 ] です。テキストレイヤーをベクトル画像に変換することで、画質を劣化させない変形はもちろん、遠くへ行くほど1点に集約する遠近法の変形が簡単に行えます。

ケーキ箱にテキストを貼り付ける

これから行う操作は、撮影した無地のケーキ箱にテキスト ( 店名などの文字要素 ) を貼り付ける方法です。テキストレイヤーに [ シェイプに変換 ] を適用して、素材画像のパースに忠実な変形を加えて、違和感のない画像合成を行うことを目的とします。
元画像 → パースに合わせて文字を変形

新規ドキュメントを作成する

[ ファイル ] – [ 新規 ] を選択します。[ 新規ドキュメント ] ダイアログで、[ 幅 : 512 pixel ]、[ 高さ : 256 pixel ]、[ 解像度 : 72 pixel ]、[ カラーモード : RGB カラー ] を設定して、[ 作成 ] をクリックします。
[新規ドキュメント] ダイアログを設定
[新規ドキュメント] ダイアログを設定
新規ドキュメントを作成
新規ドキュメントを作成
同じ比率のデザイン!
ここで作成する新規ドキュメントは、撮影した無地のケーキ箱の実際の比率を算出したものです。比率が面倒なら、mm 単位などの寸法で設定しましょう。同じ比率であれば、どんなドキュメントサイズでもかまいません。
ケーキ箱の実際の比率を算出
ケーキ箱の実際の比率を算出
作例では、ケーキ箱の前面の縦横寸法を計測した結果、1 : 2 の比率だったので、[幅] に [ 512 ] pixel、[高さ] に [ 256 ] pixel を設定しています。
[ 表示 ] メニューから、[ 表示・非表示 ] – [ グリッド ] を選択、または、[ command ( Ctrl ) ] + [ @ ] キーを押して、[ グリッド ] を表示します。
レイアウトに必要な [ グリッド ] を表示
レイアウトに必要な [ グリッド ] を表示
グリッドを設定しよう!
ここでは、[ グリッド線 ] に [ 64 ] pixel、[ 分割数 ] に [ 4 ] を設定しています。[ グリッド ] の設定は、[ Photoshop ( 編集 ) ] メニューから、[ 環境設定 ] – [ ガイド・グリッド・スライス ] を選択します。
[ 環境設定 ] ダイアログでグリッドを設定
[ 環境設定 ] ダイアログでグリッドを設定
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク