タグ別アーカイブ: pixel

【プリントサイズ】モニタ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【プリントサイズ】モニタ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【Photoshop基本操作】名刺やハガキなどの印刷物を作成するとき、パソコンのモニタ(ディスプレイ)に実物の大きさを表示して確認することが必要です。Photoshop の[表示]メニューには、実物の大きさを表示できる[プリントサイズ]がありますが、選択しても同じ大きさにならないので、使用することをあきらめている方も多いのではないでしょうか? Photoshop の[スクリーン解像度]を調整して、モニタ表示を「実物大」や「原寸大」といった、同じ大きさにすることを目指しましょう。

続きを読む

基本がわかる!画像解像度の設定

基本がわかる!画像解像度の設定【4】アップサンプリング(解像度を上げる)

【Photoshop基本操作】画像のピクセル数を増やすことを「アップサンプリング」といいます。一般的には「解像度を上げる」と呼ばれる操作にあたります。アップサンプリングは、画質が劣化するのでオススメはできませんが、ピクセル情報の補間方法に[ディテールを保持(拡大)]を選択すれば、ディテールを維持しながらノイズを抑えることができるので、高品位なアップサンプリングが可能です。

続きを読む

基本がわかる!画像解像度の設定

基本がわかる!画像解像度の設定【3】ピクセル数の変更

【Photoshop基本操作】ピクセル数の変更とは、物理的な大きさではなく、画像を構成しているピクセルの密度を変えるということです。たとえば、デジカメで撮影した画像をパソコンに取り込み、Web 用の表示画像に使用する場合などです。ブラウザの表示スピードを向上させるには、一般的なモニタの「画面解像度」に合わせて、ピクセル数を少なく変更することが必要とされています。

続きを読む

基本がわかる!画像解像度の設定

基本がわかる!画像解像度の設定【2】物理的な大きさとの関係

【Photoshop基本操作】ピクセルに物理的な大きさを割り当てた数値が「画像解像度」として表されます。モニタで見る表示倍率を[プリントサイズ]にすると、ドキュメントが実物大で確認できるようになります。しかしこれは、使用中のモニタに設定されている「画面解像度」で変わります。実物大表示するには、物理的な大きさとの関係を知る必要があります。

続きを読む

基本がわかる!画像解像度の設定

基本がわかる!画像解像度の設定【1】ピクセルの大きさ

【Photoshop基本操作】画像解像度とは、画像データの「密度」です。モニタやテレビなどで用いられる「画面解像度」とは少し違います。画像データを構成する「ピクセル」を、1辺1インチあたりにいくつ含ませるかを示す単位「pixel/inch(ppi)」で表し、数値が大きくなるほど密度は細かくなり、数値が小さくなるほど密度は粗くなります。

続きを読む