Illustrator」タグアーカイブ

基本がわかる!PDFファイルの開き方

基本がわかる!PDFファイルの開き方

【Photoshop基本操作】PDF ファイルとは、電子文書のためのフォーマット ( ファイル形式 ) で作成されたファイルです。Photoshop で PDF ファイルを開くと、文字や画像を含んだページ ( レイアウト紙面 ) が、ひとつのビットマップ画像として読み込まれます。
続きを読む
【スマートオブジェクト】ひとつの修正ですべてのファイルを更新する方法【コンテンツを置き換え】

【スマートオブジェクト】ひとつの修正ですべてのファイルを更新する方法【コンテンツを置き換え】

【Photoshop基本操作】たとえば、ロゴタイプやシンボルマークなどは、複数のファイルに共通して配置されるものです。したがって、その内容が変更されたら、ひとつずつ修正するのは、大変面倒な作業となります。そんなときは、配置したひとつのコンテンツを書き出して、内容を修正したものに、一括して置き換えましょう。
続きを読む
【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【Photoshop基本操作】Illustrator で作成したアートワークは、Photoshop へコピー&ペーストして配置することができます。しかし、「ベクトル」と「ビットマップ」といった異なる画像形式であるため、用途に応じて5つのペースト形式が用意されています。それぞれの用途と特徴をご紹介しましょう。
続きを読む
基本がわかる!スマートオブジェクトとして開く

基本がわかる!スマートオブジェクトとして開く

【Photoshop基本操作】スマートオブジェクトとは、Photoshop や Illustrator のファイルなどから、ビットマップ画像やベクトル画像のデータを、ドキュメントに埋め込むことができる機能です。[ スマートオブジェクトとして開く ] は、新規画像をスマートオブジェクトで作成する場合に用います。
続きを読む