【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

Illustratorのアートワークを
コピー&ペーストする方法
prevnext
CHAPTER-02

レイヤーでペーストする

バージョン 2022 (23.0.0) から、Illustrator のアートワークが、Photoshop で操作できるようになりました。これは待望の機能ですね。
[ ペースト形式 ] の [ レイヤー ] を選択すると、ペーストした Illustrator のアートワークから、それぞれのパス (Path) に分解した、シェイプレイヤーのグループを作成します。
元のアートワークの属性が、そのまま引き継がれているのが特徴です。したがって、Photoshop での、パス形状やカラーの再編集が行えます。
【操作方法】
[ ペースト ] ダイアログで、[ ペースト形式 ] に [ レイヤー ] を選択して、[ OK ] をクリックします。
[レイヤー] を選択
[ レイヤー ] を選択
すると、Illustrator のアートワークが、属性を保持した状態でペーストされます。ペースト時の確定は不要
[レイヤー] でペースト
[ レイヤー ] でペースト (概念図)
[ レイヤー ] パネルには、[ レイヤー ] フォルダー、または、[ Group ] フォルダーが作成されています。フォルダーを展開すると、それぞれのパス (Path) に分解された、シェイプレイヤーが格納されています。
グループに格納されたシェイプレイヤーを確認
グループに格納されたシェイプレイヤーを確認
待望のレイヤー機能が追加!
バージョン 2021 までの [ ペースト形式 ] では、Illustrator のアートワークを、スマートオブジェクトに変換してペーストする方式でした。したがって、再編集する場合には、Illustrator を起動しなければならない手間が発生していました。
シェイプレイヤーをダブルクリック
シェイプレイヤーをダブルクリック
[ レイヤー ] でペーストすると、Illustrator のアートワークに応じたパスに分解されます。分解されたパスは、元のグループ属性によって、グループフォルダーに格納されているので、それらをひとつのオブジェクトとして、移動や変形の編集も加えることができます。もちろん、カラーも保持されています。
パス形状やカラーが再編集できる
パス形状やカラーが再編集できる
たとえば、ひとつの閉じたパスを選択して、シェイプレイヤーサムネールをダブルクリックすると、[ カラーピッカー ] ダイアログを表示させて、カラーの再編集が自由にできます。これで、Photoshop での管理がしやすくなりました。
Illustratorのアートワークを
コピー&ペーストする方法
prevnext

スポンサード リンク