【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

Illustratorのアートワークを
コピー&ペーストする方法

prevnext

CHAPTER-04

パスでペーストする

パスとは、直接画像に影響しない「下書き」のようなものです。Photoshop では、「作業用パス」と呼ばれ、ベクトル画像に関わる形状を作成し、[パス] パネルで保存・管理します。
【操作方法】
[ペースト] ダイアログで、[ペースト形式] に [パス] を選択して、[OK] をクリックします。
[パス] を選択

[パス] を選択
すると、Illustrator のアートワークが、ドキュメントに [パス] でペーストされます。
[パス] でペースト (400% 表示)

[パス] でペースト (400% 表示)
[パス] パネルには、ドキュメントに影響を及ぼさない一時的なパス [作業用パス] が作成されています。
[パス] パネルで [作業用パス] を確認

[パス] パネルで [作業用パス] を確認
パスの用途と特徴!
Illustrator のアートワークをパスとしてペーストする主な用途は、ベクトルマスクやクリッピングパスの作成などです。
[パス選択ツール] などで編集ができる

[パス選択ツール] などで編集ができる
[作業用パス] に変換されたアートワークは、Illustrator で設定されていた色の情報を失い、パスのセグメントのみが表示されます。
ベクトルマスクに活用する!
[作業用パス] は、[パスを選択範囲として読み込む] で選択範囲に変換できるほか、[ベクトルマスク]、[クリッピングパス] なども作成することができ、[パスを保存] で複数のパスを保存することができます。
Illustratorのアートワークを
コピー&ペーストする方法

prevnext

スポンサード リンク