Image Size」タグアーカイブ

【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【Photoshop基本操作】スーパー解像度とは、ディテールの強化を機械学習して、縦横比2倍の大きさに自動変換します。しかし、Camera Raw に搭載されている機能なので、Photoshop で使えない、使い方がわからないなど、疑問だらけの機能でもあります。スーパー解像度を JPEG に適用して、その効果を検証してみましょう!
続きを読む
基本がわかる!画像解像度の設定

基本がわかる!画像解像度の設定

【Photoshop基本操作】画像解像度とは、画像データの「密度」です。パソコンのディスプレイ ( モニタ ) や家庭用テレビなどで用いられる「画面解像度」とは少し違います。画像データを構成する「ピクセル」を、一辺 1 インチあたりにいくつ含ませるかを示す単位「 pixel/inch ( ppi ) 」で表します。画像解像度は、数値が大きくなるほど密度は細かくなり、数値が小さくなるほど密度は粗くなります。
続きを読む
【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【Photoshop基本操作】画像の解像度を上げる作業を「アップサンプリング」といいます。ここで使用する機能の [ ディテールを保持 2.0 ] は、Photoshop CC 2018 から追加された、ピクセル情報の補間方法です。人工知能によるアルゴリズムで画質の劣化を抑え、ジャギーのない滑らかな輪郭が再現できます。
続きを読む
【プリントサイズ】ディスプレイ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【プリントサイズ】ディスプレイ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【Photoshop基本操作】名刺やハガキなどの印刷物を作成するとき、パソコンのディスプレイ ( モニタ ) に、実物の大きさを表示して確認したいですよね? Photoshop の [ 表示 ] メニューには、実物の大きさを表示できる [ プリントサイズ ] があります。しかし、同じ大きさにならないので、使用することをあきらめている方も多いのではないでしょうか? Photoshop の [ スクリーン解像度 ] を調整して、ディスプレイ表示を「実物大」や「原寸大」といった、同じ大きさにすることを目指しましょう。
続きを読む
基本がわかる!アンチエイリアス

基本がわかる!アンチエイリアス

【Photoshop基本操作】アンチエイリアスとは、デジタル画像特有のジャギー (ギザギザ線) や、際立った塗り面をスムーズに見せるため、境界線に半透明のピクセルを追加することで、滑らかな視覚的効果を得る機能です。
続きを読む