【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

Illustratorのアートワークを
コピー&ペーストする方法
prevnext
CHAPTER-03

スマートオブジェクトでペーストする

スマートオブジェクトとは、元画像のデータをドキュメントに埋め込むことができる機能です。
Illustrator のアートワークを、スマートオブジェクトとしてペーストすると、拡大・縮小などの変形は可能ですが、カラーや形状を変更することはできません。Illustrator 上で編集を加え、それをスマートオブジェクトに反映させることは可能です。
【操作方法】
[ ペースト ] ダイアログで、[ ペースト形式 ] に [ スマートオブジェクト ] を選択して、[ OK ] をクリックします。
[スマートオブジェクト]を選択
[ スマートオブジェクト ] を選択
すると、Illustrator のアートワークが、ドキュメントに [ ベクトルスマートオブジェクト ] でペーストされます。
[ベクトルスマートオブジェクト]でペースト
[ ベクトルスマートオブジェクト ] でペースト ( 概念図 )
[ enter ] キーを押して、変形を確定します。
[enter]キーを押して変形を確定
[ enter ] キーを押して変形を確定
[ レイヤー ] パネルには、[ ベクトルスマートオブジェクト ] が作成されています。
[ベクトルスマートオブジェクト]を確認
[ ベクトルスマートオブジェクト ] を確認
スマートオブジェクトの特徴!
Illustrator のアートワークをスマートオブジェクトとしてペーストする主な用途は、多くの色で塗り分けられたアートワークや、修正する予定がないものなどです。
オブジェクトを拡大
オブジェクトを拡大 ( 概念図 )
スマートオブジェクトでは、Illustrator のアートワークで設定されていた色がそのまま反映されます。オブジェクトを [ 変形 ] で拡大しても、線と塗りの境界線が滑らかであることが確認できます。
拡大・縮小といった変形を加えても、画質が劣化しない編集は可能ですが、アートワークの色を変えたり、形状を変更するような修正や編集は、Photoshop では行えません。
スマートオブジェクトの編集方法!
スマートオブジェクトの色や形状を編集するには、[ レイヤー ] メニューから、[ スマートオブジェクト ] – [ コンテンツを書き出し ] を選択し、Illustrator 形式のファイルを書き出し、Illustrator で修正を加えます。
スマートオブジェクトに編集内容を反映させるには、[ レイヤー ] メニューから、[ スマートオブジェクト ] – [ コンテンツを置き換え ] を選択して、修正した内容を置き換えます。
または、Photoshop と Illustrator を同時に起動させて行う方法もあります。Photoshop で、スマートオブジェクトをダブルクリックし、Illustrator で、コンテンツのアートワークを開きます。Illustrator で修正を加え、上書き保存すると、Photoshop のスマートオブジェクトに編集内容が反映されます。
Illustratorのアートワークを
コピー&ペーストする方法
prevnext

スポンサード リンク