【効果】逆光の位置を正確に設定する方法【詳細な光源の位置】

【効果】逆光の位置を正確に設定する方法【詳細な光源の位置】

【Photoshop基本操作】まるで本物のカメラで撮影したようなレンズフレアを加えられる [逆光] フィルター。しかし、思いどおりの位置に設定できないと感じたことはありませんか? 実は小さなプレビュー内に隠された詳細設定があります。[詳細な光源の位置] オプションは、座標値で逆光の位置を正確に設定できます。


ドキュメントの大きさで角度が変わる?
[逆光] フィルターでつくり出されるレンズフレアの角度は、光源の位置と適用するドキュメントの大きさによって自動設定されます。たとえば、正方形のドキュメントでは、ダイナミックさに欠ける結果になってしまう場合があります。
そんなときは、35ミリフィルムの一般的なアスペクト比「3 : 2」で、疑似的な余白を加えましょう。適用後にトリミングすれば意図した効果が期待できます。

逆光の位置を正確に設定する方法

これから行う操作は、輝く光源とリアルなレンズフレアの効果が作成できる [逆光] フィルターの設定方法です。逆光の位置は、ダイアログ内にあるプレビューで操作できますが、通常のダイアログには表示されていない [詳細な光源の位置] オプションを使用すれば、ドキュメント上の座標値で正確に行うことができます。
元画像 → 逆光の位置を正確に設定する
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】逆光を思いどおりの位置に輝かせる
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

スマートオブジェクトに変換する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1920 pixel]、[高さ : 1280 pixel]、[解像度 : 72 pixel/inch]、[カラーモード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認

スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。
[背景] に適用すると、レイヤー名が [レイヤー 0] に変更され、[背景] では設定できなかった [描画モード] や [不透明度]、[位置をロック] などが有効になります。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク