基本がわかる!グラデーションの作り方

基本がわかる!グラデーションの作り方

CHAPTER-04

グラデーションエディターの設定

オプションバーで、現在のグラデーションが表示されているカラーバーをクリックすると、新規グラデーションの作成や編集が行える [グラデーションエディター] が開きます。主な [グラデーションエディター] の設定方法をご紹介しましょう。
[グラデーションエディター] ダイアログ
[グラデーションエディター] ダイアログ
プリセット
あらかじめ設定されたグラデーションが選べます。プリセットの [読み込み] や [保存]、新しく設定したグラデーションを [新規グラデーション] に追加することができます。初期設定 : [基本] – [描画色から背景色へ]
現在の描画色を反映!
プリセット [描画色から背景色へ]、[描画色から透明に] は、現在設定されている描画色、背景色が反映されるので、必ずしも「黒色から白色」、または「黒色から透明」が設定されているわけではありません。たとえば、描画色に白色が設定されている場合は、プリセットのプレビューやカラーバーの設定も反映されます。
[描画色から背景色へ] (初期設定) → [描画色から背景色へ] (カスタム設定)
グラデーションツールでは、「黒色から白色」、または「黒色から透明」の使用頻度が高いので、設定をリセットする意味で、プリセット「黒、白」を選択する時短方法もあります。
カラーバー
カラーバーには、現在設定されているグラデーションが表示されます。左端がグラデーションの開始点で、右端がグラデーションの終了点です。これは、[グラデーションツール] の、ドラッグを始める「開始点」、ドラッグを終える「終了点」として反映されます。初期設定 : [逆方向] 無効
方向を入れ替える!
オプションバーで、[逆方向] にチェックマークを入れると、開始点と終了点が入れ替わります。ただし、[逆方向] が設定中であっても、[グラデーションエディター] のカラーバーは変更されません。
[逆方向] を無効
[逆方向] を無効
[逆方向] を有効
[逆方向] を有効
カラー分岐点
[カラー分岐点] をクリックして選択し、その部分のカラーを設定することができます。[カラー分岐点] をダブルクリックすると、[カラーピッカー] ダイアログが開きます。[カラー分岐点] の表示は、現在の状態によって異なります。
カラー分岐点
サンプルカラーを設定!
[カラー分岐点] のカラーは、[スウォッチ] パネルのカラーチップから選択する方法や、[カラー] パネルのカラーランプなどからのサンプリングで、ダイレクトに設定する方法もあります。
[スウォッチ] パネルでカラーをクリック
[スウォッチ] パネルでカラーをクリック
[グラデーションエディター] ダイアログで、[カラー] のカラーボックスをクリックすると、現在、選択中の [カラー分岐点] の詳細内容が、[カラーピッカー] ダイアログで知ることができます。編集を加えることもできます。
不透明度の分岐点
[不透明度の分岐点] をクリックして選択し、その部分の不透明度を設定することができます。たとえば、プリセットの「描画色から透明に」は、開始点が [不透明度 : 100%]、終了点が [不透明度 : 0%] に設定されています。
不透明度の分岐点
透明部分の見分け方!
透明部分が設定されているカラーバーは、グレーのグリッドで表示されます。[不透明度の分岐点] の表示は、現在の状態によって異なります。
不透明度が設定されたカラーバー
不透明度が設定されたカラーバー
[不透明度の分岐点] の設定値は、[グラデーションエディター] ダイアログの [不透明度] に表示されます。ボックス内に数値を入力することもできます。

カラー分岐点の追加

カラーバーの下辺をクリックし、[カラー分岐点] を追加します。[位置] では、カラーバーの長さを 100% とし、選択された [カラー分岐点] の位置を表示します。[カラー分岐点] はいくつでも作成できます。
カラーバーの下辺をクリックして [カラー分岐点] を追加
カラーバーの下辺をクリックして [カラー分岐点] を追加
クリックした箇所が [位置] になる!
新しい [カラー分岐点] を追加すると、その箇所の [位置] がそのまま反映されます。[カラー分岐点] の [位置] は、ドラッグして変更、または、[位置] のボックスに数値を入力することもできます。追加するときは適当な位置で、詳細を入力して設定するスタイルが効率的ですね。
[カラー分岐点] を追加
[カラー分岐点] を追加

カラー分岐点の削除

2カ所以上の [カラー分岐点] や [不透明度の分岐点] は削除することができます。削除したい分岐点をカラーバーから引き離すように、下、または上方向へドラッグします。
[カラー分岐点] を下方へドラッグして削除
[カラー分岐点] を下方へドラッグして削除
削除はキケン?
[グラデーションエディター] ダイアログには、[削除] というボタンがあります。これは選択した [カラー分岐点]、または、[不透明度の分岐点] を削除するものですが、現在、選択中の分岐点を確認、またはクリックして選択する操作が加わるため、直感的なドラッグ操作に比べて非効率ですね。
[削除] をクリック
[削除] をクリック
[削除] をクリックで、必要な分岐点をうっかり削除してしまうミスも考えられるので、ドラッグ操作の削除をオススメします。

カラー分岐点のカラーを設定

[カラー分岐点] をクリックして選択します。
[スウォッチ] パネルなどから、任意のカラーをクリックします。
[スウォッチ] パネルでカラーをクリック
[スウォッチ] パネルでカラーをクリック
[グラデーションエディター] ダイアログで、カラーバーと [カラー分岐点] を確認します。
[カラー分岐点] を確認
[カラー分岐点] を確認
カラーピッカーを表示させるには
カラーピッカーを表示させて詳細なカラーを設定したい場合は、[選択した分岐点のカラーを変更] のカラーボックスをクリックします。または選択した [カラー分岐点] をダブルクリックします。
[選択した分岐点のカラーを変更] をクリック
[選択した分岐点のカラーを変更] をクリック
同様にして、[カラー分岐点] を追加し、カラーを設定します。
[カラー分岐点] を追加してカラーを設定
[カラー分岐点] を追加してカラーを設定

カラー分岐点の位置を調整

[カラー分岐点] を左右にドラッグすると、[位置] を微調整することができます。ボックス内に直接、数値を入力することもできます。
[カラー分岐点] を左右にドラッグ
[カラー分岐点] を左右にドラッグ
中間点の調整もできる!
[カラー分岐点] の間にあるダイヤマークは、2色の [中間点] を示します。初期値は 50% ですが、ドラッグして変更できます。
[中間点] を左右にドラッグ
[中間点] を左右にドラッグ

グラデーションを保存

作成したグラデーションを他のドキュメントで使用したい場合は、[新規グラデーション] をクリックするとプリセットに保存されます。グラデーション名をつけることもでき、入力しない場合は「カスタム」となります。
[グラデーション名] に任意のグラデーション名を入力します。
[新規グラデーション] をクリックします。
[プリセット] に新しいグラデーションプリセットが追加されたことを確認します。
[新規グラデーション] をクリック
[新規グラデーション] をクリック
保存と適用は違う!
[新規グラデーション] をクリックする操作は、現在のグラデーションを適用する操作と、直接的な関係はありません。プリセットへの保存は、作成した新しいグラデーションを、いつでも使えるようにするためのものです。設定例では、グラデーションの保存は行いません。

グラデーションを削除

プリセットに追加したグラデーションや、読み込んだプリセットを削除したい場合は、グラデーションプリセットを右クリックで開くコンテキストメニューから、[グラデーションを削除] を選択します。
[グラデーションを削除] を選択
[グラデーションを削除] を選択
すると「グラデーション“XXXX”を削除しますか?」という警告アラートが表示されます。現在のプリセットからグラデーションを削除しない場合は [キャンセル]、現在のプリセットからグラデーションを削除する場合は、[OK] をクリックします。
警告アラートで [OK] をクリック
警告アラートで [OK] をクリック

グラデーションエディターの適用

カラーが設定されたことを確認し、[OK] をクリックします。
[OK] をクリック
[OK] をクリック
オプションバーの現在のグラデーションが、[グラデーションエディター] で設定したグラデーションに変更されました。
オプションバーでグラデーションを確認
オプションバーでグラデーションを確認
ドキュメントをドラッグすると、設定したグラデーションが適用されます。
ドキュメントをドラッグ
ドキュメントをドラッグ
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

スポンサード リンク